投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 暗渠(3454)
  2. SDA教会につまづいた人集まれ!(411)
  3. 安息日のディープな考察(183)
  4. 教会ロビー:雑談四方山話(161)
  5. 学校家庭共励会です(129)
  6. 再臨の前兆ニュース(110)
  7. 日本の医療伝道専用スレッド(69)
  8. 嵯峨野教会記念写真館(53)
  9. サンライズミニストリー再評価(48)
  10. 求道者専用スレッド(45)
  11. 荒野の四十日の聖句(39)
  12. 新共同訳聖書を笑い飛ばそう!(27)
  13. 画像資材室(27)
  14. 心霊現象対策スレッド(20)
  15. 教会の音楽とは(16)
  16. 安息日学校教課(16)
  17. 教会の再建について(11)
  18. デビッド・カン特集(10)
  19. 嵯峨野教会ファミリーアワー (6)
  20. 書評スレッド(4)
スレッド一覧(全22)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


教会内部のタブー

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月24日(月)17時29分7秒
  戦後の日本の教団の運営する教会の中では、流れに浮かぶ泡沫のように、いく
つかのタブーが現れてきました。代表的なのは、牧師に逆らうタブー(信徒は
黙って聞いてろ)、未信者との結婚を批判する事、安息日順守の戒めを教える
こと、カトリックは獣の教会だと教えること、ホワイト夫人の預言の霊の引用
で説教を作ること、東京衛生病院の堕落を批判する事(一般信徒には既に「悪
の巣窟」として十分知られていたのに)などと枚挙に暇がありません。しかし、
此処にきて、今一つ新しいタブーが生まれてたようですよ。それは、
「韓国問題を教会で話すな」
というものらしいです。
嵯峨野教会は、セブンスデーアドベンチストが韓国由来のキリスト教団体であ
ると見做されるのは日本伝道にとって致命的であると声を大にして訴えます。
 

日本の教団はバビロン捕囚直前状態

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月23日(日)19時36分1秒
  世界の霊的光となるべきであった人々の徹底的な邪悪さに対する預言者の悲しみ、
またシオンの運命とバビロンに捕らえられていった人々に対する彼の悲しみは、
主の勧告に背いて人間の知恵に従った愚かさの記念として彼が書き残した哀歌の
中に示されている。
                      国と預言者下 p77
 

トランスジェンダーの概要

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月22日(土)19時48分18秒
  トランスジェンダーとは何かという説明は省略しますが。
聖書の基本的二者択一的性差理解を拒絶する現代社会の傾向は、性差を二者択一ではなく連続性のものととらえ、こうした性分化問題を抱える人々の欲求を正常なものとみなそうとしている。そうした欲求は聖書的にも不適切なライフスタイルの選択をもたらしている。性分化障害は、変態的衣装、性転換手術、同性愛結婚、を正当化させる者があり、一方では、その問題の故に独身を通したり、普通に異性との結婚をして忍耐している者もいる。

それに対して、世界総会は次のような声明を採択しました。
神は男と女を創られた。これは何も曖昧なものはなかった。
精神と肉体は一致するものであるように創られた。
それが一致しなくなるような異常を持つものが現れたのは罪の結果である。
罪が人間に入ってきた結果そういう問題や疾患があらわれた。
性同一障害それ自体は罪ではないが、罪を犯す選択をする原因となっている。
教会員はそうした問題を持った人たちを、その故にからかったり罵倒してはいけない。
そういう問題を持った人も聖書のみことばの原則に従うなら教会員として受け入れられる。
教会員は性同一障害を持った人に、性転換手術や同性愛結婚に走らないようにアドバイスする。
性同一障害を持っていても、キリストは受け入れられ必ず変えてくださると信じる。
 
    (嵯峨野教会牧師) 全訳しようとしましたが、やっている最中にファイルが消えてしまったので諦め、上の文でもって代えさせていただきます。

https://news.adventist.org/en/all-news/news/go/2017-04-11/seventh-day-adventist-world-church-vote-statement-on-transgender/
 

すっきりしました。有難うございました。

 投稿者:ちかっぱ  投稿日:2017年 4月22日(土)16時09分27秒
  お陰さまで、すっきりした気持ちで、お礼拝に出席することが出来ました。有難うございました。
そうですよね。安息日は天地創造の時から、定まっていました。「何を今さら」と言われそうですが、先生の見解を読ませて頂いて、改めて、そう思いました。これからも、安息日を遵守して、キリスト者として生活して行きたいと思います。
過激な意見と言うのは、読んでも聞いても、時には楽しいものです。別に、一生懸命弁護しようとは思いませんが、このたび引用させて頂いた(もちろん無断引用ですが笑)、富井健さんについても、「少なくとも、キリスト教の名を借りた、サタンではないな。」とは思います。
しかしながら、御言葉の解釈は、難しいですね。
富井健さんが言われるように、クリスチャンは、世の支配者になるべきでしょう。
ところが、先生が言われるように、それが、宮の頂上から飛び降りてみよ、と言うサタンの声だったら、どうするのでしょう。イエスなればこそ、サタンを退けられたのであって、私たちなど、サタンにしてみれば、赤子の手をひねるようなものです。怖い怖い。
プロテスタントには、いろいろ教派があり、もちろん、他教派が全然だめとは思いませんが、パウロやアポロやケパやキリストの「派閥」に惑わされることなく、しっかり、御言葉にのみ、従って行きたいと思います。
先生、このたびは、誠に有難うございました。
 
    (嵯峨野教会牧師) 神の祝福がありますように。  

解説と論評

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月21日(金)09時49分18秒
編集済
  (無題)

安息日を今日でも宗教的義務として順守すべきと説く人へ2
旧約時代、安息日は金曜日の夜から土曜日の朝にかけてであった。現代におい
て「だから日曜日に礼拝するのは違法だ。土曜日にしなければならない」とい
う教えがあるが、徹底すべきである。まず旧約時代において、曜日と日付は固
定されていた。1月14日は必ず金曜日であった。しかも、1月1日は祭司が月の形
を見て決めていた。毎月は新月から始まった。そのような背景を無視して今の
暦制度における土曜日に礼拝を持つから律法を守っていることにはならないの
である。本当に旧約律法のとおりに行いたいのであれば、暦制度を完全に太陰
暦に変えるべきである。

旧約聖書創世記2:1,2,3から明らかなように、安息日は一週間を7日のサイクルとして、創造の始まりから設定されたのであって、最初に月齢暦があったというのではありません。祭司の判断によって安息日がずれたという話は一度もありません。安息日は現行の暦制度に依存しない世の始まりから綿々と続いてきた7日間のサイクルであるという理解が求められます。安息日を土曜日から日曜に変更したカトリックですらこの7日間のサイクルを狂わせるようなことをしてきなかったことも、第七日安息日が七日毎にぶれないで世の初めから行われて来た事の証明です。

そして、新月から一か月を開始すべきである。さらに言えば、暦制度と祭りは
密接に関係している。そして、祭りは当時の農業事情と密接に関係している。
となれば、われわれは、サラリーマンをしていても、家庭菜園を作って、収穫
祭を祝わねばならないということになるのか、という話になる。旧約聖書の安
息日の制度は、当時のイスラエルの農業社会を背景として定められたものであ
り、「民族的」「局所的」なのである。

暦が太陽暦であろうが太陰暦であろうが、七日毎の安息日は世の初めから綿々と守られ維持されてきたのです。新月の日が創造の初めからの7日間サイクルの第一目と一致しない現在になって、新月を週の第一日目にするなら、第七日安息日のサイクルが狂ってしまいます。

ユダ族であったイエス・キリストがレビ族しかなれなかった大祭司になったと
いうこと、さらに、超民族的なメルキゼデクの位の大祭司となられたというこ
と、そして、パウロが「大祭司の変化に伴って律法も変化しなければならない」
といったからには、律法をこのように「民族的」「局所的」なものとして守る
時代は過ぎ去ったと考えなければならない。

パウロが律法を変更しなければならないと言った個所はありません。この著者はローマ7:12の誤解解釈をしているものとみられます。ヘブル7:12では、「祭司制に変更があれば律法にも必ず変更があるはずである」とありますが、これは律法に変更がない以上、祭司制にも変更はないと解釈すべきものです。変更がなかったことを、パウロが7:13から7:28にかけて説明をしております。律法が任意に変更されたから、祭司職が移管されたのではなく、摂理があってそうされたのだということです。レビの系統に祭司職が与えられたのは、祭司の働きを礼典律として維持する使命のためにそうされたのであって、本体のキリストが自ら犠牲の羊となって、その後大祭司となられた以上レビ族の使命は終了したのであって、これは律法の変更によるものでは断じてありません。


イエス・キリストが大祭司になられたということに含まれる重要な点は次の2
つである。
(1)大祭司をはじめとする宗教制度は不滅である。
(2)この宗教制度は超民族的に守られなければならない。

(1)
新約時代になったから、祭司制度や神殿、犠牲制度、その他は、完全に廃棄さ
れた、無効になった、と考えることはできない。なぜならば、「律法の一点一
画も地に落ちることはない」からである。大祭司も祭司も、神殿も、犠牲も、
今日も存在する。それは、イエス・キリストである。イエス・キリストが永遠
の大祭司、祭司、神殿、犠牲になられた。そして、イエス・キリストにあって、
われわれも大祭司であり、祭司であり、神殿であり、犠牲である。つまり、旧
約律法の諸制度は廃棄されたのではなく、確立され、恒久化されたのである。

これは聖書的に言ってその通りでしょう。

(2)
恒久化されたのであるから、どの民族であっても、クリスチャンは、律法の本
質を読み取り、それをその民族に適した形において適用しなければならない。
クリスチャンは、キリストにあって、大祭司として、人々のためにとりなし、
天の祝福を彼らに与えるべきである。預言者として、真理の光を人々に伝え、
世を照らすべきである。

これも聖書的に言ってその通りでしょう。

安息日に示された救いの恵みを社会に適用し、7日に1日を休日とし、7年に1年
を安息の年として休暇を与えるべきである。クリスチャンの間では、7年目に
負債を免除すべきであり、クリスチャンの中で借金奴隷にならないように救済
措置を講じるべきである。安息日や安息年の律法の本質とは、クリスチャンは
世界の支配者として影響力を行使する立場にいるべきであって、疲労や借金に
よって奴隷や不健康に堕ちるべきではないという思想である。クリスチャンは
互いの間で助け合い、互いに「王・祭司・預言者の地位から落ちないように」
手を差し伸べ合うべきである。クリスチャンが弱くなれば、世の人々が支配勢
力となり、神の国は衰退する。目的は、神の御心が地上において成就するため
に、クリスチャンが神の代理支配者としての地位を確立することにある。だか
ら、クリスチャンで金欠で困っている人、借金地獄に陥っている人などを救済
するために7年に1度徳政令を発するべきである。このようにして律法の精神を
各民族、各時代に適した形で適用すべきである。

しかしながら、これは第七日安息日を守る国家指導者への要望のようです。本人も本気で書いてはいないようにも思われます。セブンスデーアドベンチストは社会に対して聖書の真理を提示することはしていますが、我々にはサタンの支配する社会の構造的変革を実行する権力を持っておりません。我々は教理の宣伝においては戦闘的ですが、社会改革を行う社会運動キリスト者団体ではありません。ですから、聖書の原則に基づいて徳政令をやれとぶちあげられても、我々のできることは、教会の内部社会で実現出来ても、異教徒や世俗人、無神論者の混在する社会(それは空中の権威を持つ君サタンの天下の社会)では実行に限界があります。しかしながら、ここだけの話ですが、と言いながらネタバレをしていますが、実はこの人の言っているような社会はアメリカ合衆国がつい最近までやっていたことです。たとえば、医療費の支払いができない貧困層のために、各州が州の税収入の10%をリザーブして、いざそういう人たちが重い病気になった時のための治療費として確保していた時代がありました。その時代が終わったのは例の不倫で有名な知事(匿名希望クリントン)が合衆国大統領になった時で、その時奴はそういう州が確保していた財源を奪い取って、医療に寄生するような医療監視業務などの仕事を自分の権力で大量に創り出して、票と人気を取るために自分はいかにもアメリカ社会に雇用を生み出したヒーローであるかのように装いました。それがアメリカのキリスト教的共生主義の終焉となり、それがオバマケアという最悪の展開を迎えております。それと対決して叩き潰し流れを変えるのが第七日安息日を守るセブンスデーアドベンチストの使命であると言った人は誰もいませんが、この著者は我々に事実上そうしろと背中を押すように煽っている訳です(笑)。もちろん第七日安息日を守るということは社会に挑戦をすることです。ベン・カールソンもそんな事を考えて共和党の大統領候補に立候補したのかどうかはわかりません。しかし、それが主の戦いで主が打って出ろと言われればそうすればよいのであり、それは各人に与えられた社会的立場と霊的戦闘能力によります。その一方で貧困や借金や不健康にさいなまれる社会の中で天下を取れと煽るのは、一面、キリストに向かって、私の持っている権力を欲しければ、この塔から飛び降りて見よと挑発しているサタンの言に似ています。ですからこういう社会情勢の局面でそのように煽られるのは、あなたが塔から飛び降りて見ろとサタンに誘惑されたキリストと同じ経験をしていると言えるのです。

ご質問、ご意見がありましたら、ご随意にどうぞ。
 

嵯峨野教会牧師様が頼りです。

 投稿者:ちかっぱ  投稿日:2017年 4月20日(木)23時20分39秒
  ご多忙中、いろいろと申し訳ございません。
実は、朝方引用させていただいた、富井健さんと言う方、キリスト教伝道者の方ですが、結構、過激な方です。
それはもう、嵯峨野教会牧師様以上に(失礼ながら)過激な方です。
もうお調べになった後かも知れませんが、富井健さんのサイトは、次の通りです。

http://www.millnm.net/cgi-bin/home.cgi

私もSDA信徒ですから、ホワイト夫人をはじめ、SDA 思想に影響を受けて、いままで生きてまいりました。
富井健さんのサイトについては、ときどき見て、「すごい人だな。戦うクリスチャンだな」と感心しておりました。
しかし、さすがに「毎日が安息日」と言われますと、「はあ?」と感じます。
嵯峨野教会牧師様のご見解を、楽しみにお待ちしております。よろしくお願いいたします。
 
    (嵯峨野教会牧師) お役に立つのかどうかわかりませんが、当職の見解を上に表示します。  

ちかっぱ様

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月20日(木)14時34分55秒
  長いですが、一応整理して、今週末にでも見解を提示いたします。  

まだ続きがありました。

 投稿者:ちかっぱ  投稿日:2017年 4月20日(木)08時32分21秒
  さきほどの富井健氏のサイトに、続きがありました。超長文ですが、貼り付けますので、ご多忙中大変恐縮ですが、ご意見お聞かせ下さい。
?
2017/04/19(水) 12:19

安息日を今日でも宗教的義務として順守すべきと説く人へ2

旧約時代、安息日は金曜日の夜から土曜日の朝にかけてであった。

現代において「だから日曜日に礼拝するのは違法だ。土曜日にしなければならない」という教えがあるが、徹底すべきである。

まず旧約時代において、曜日と日付は固定されていた。

1月14日は必ず金曜日であった。

しかも、1月1日は祭司が月の形を見て決めていた。

毎月は新月から始まった。

そのような背景を無視して今の暦制度における土曜日に礼拝を持つから律法を守っていることにはならないのである。

本当に旧約律法のとおりに行いたいのであれば、暦制度を完全に太陰暦に変えるべきである。

そして、新月から一か月を開始すべきである。

さらに言えば、暦制度と祭りは密接に関係している。

そして、祭りは当時の農業事情と密接に関係している。

となれば、われわれは、サラリーマンをしていても、家庭菜園を作って、収穫祭を祝わねばならないということになるのか、という話になる。

旧約聖書の安息日の制度は、当時のイスラエルの農業社会を背景として定められたものであり、「民族的」「局所的」なのである。

ユダ族であったイエス・キリストがレビ族しかなれなかった大祭司になったということ、さらに、超民族的なメルキゼデクの位の大祭司となられたということ、そして、パウロが「大祭司の変化に伴って律法も変化しなければならない」といったからには、律法をこのように「民族的」「局所的」なものとして守る時代は過ぎ去ったと考えなければならない。

イエス・キリストが大祭司になられたということに含まれる重要な点は次の2つである。

(1)大祭司をはじめとする宗教制度は不滅である。

(2)この宗教制度は超民族的に守られなければならない。

(1)

新約時代になったから、祭司制度や神殿、犠牲制度、その他は、完全に廃棄された、無効になった、と考えることはできない。

なぜならば、「律法の一点一画も地に落ちることはない」からである。

大祭司も祭司も、神殿も、犠牲も、今日も存在する。

それは、イエス・キリストである。

イエス・キリストが永遠の大祭司、祭司、神殿、犠牲になられた。

そして、イエス・キリストにあって、われわれも大祭司であり、祭司であり、神殿であり、犠牲である。

つまり、旧約律法の諸制度は廃棄されたのではなく、確立され、恒久化されたのである。

(2)

恒久化されたのであるから、どの民族であっても、クリスチャンは、律法の本質を読み取り、それをその民族に適した形において適用しなければならない。

クリスチャンは、キリストにあって、大祭司として、人々のためにとりなし、天の祝福を彼らに与えるべきである。

預言者として、真理の光を人々に伝え、世を照らすべきである。

安息日に示された救いの恵みを社会に適用し、7日に1日を休日とし、7年に1年を安息の年として休暇を与えるべきである。

クリスチャンの間では、7年目に負債を免除すべきであり、クリスチャンの中で借金奴隷にならないように救済措置を講じるべきである。

安息日や安息年の律法の本質とは、クリスチャンは世界の支配者として影響力を行使する立場にいるべきであって、疲労や借金によって奴隷や不健康に堕ちるべきではないという思想である。

クリスチャンは互いの間で助け合い、互いに「王・祭司・預言者の地位から落ちないように」手を差し伸べ合うべきである。

クリスチャンが弱くなれば、世の人々が支配勢力となり、神の国は衰退する。

目的は、神の御心が地上において成就するために、クリスチャンが神の代理支配者としての地位を確立することにある。

だから、クリスチャンで金欠で困っている人、借金地獄に陥っている人などを救済するために7年に1度徳政令を発するべきである。

このようにして律法の精神を各民族、各時代に適した形で適用すべきである。
 

ミレニアム富井健氏のサイト記事について

 投稿者:ちかっぱ  投稿日:2017年 4月20日(木)08時25分55秒
  嵯峨野教会牧師様、早速ですが、これについて、どう思われますか。ちなみに自分は、現役SDA信徒です。
ものすごく長いですが、貼り付けます。
?
2017/04/19(水) 06:33

安息日を今日でも宗教的義務として順守すべきと説く人へ

1.

以下、フェイスブックで安息日順守派の人々に提起した問題点。

Jesus came to fulfill "Law or Prophet" and proclaimed "Fulfilled" on the cross, so the laws of the Old Testament have been fulfilled completely in Him. It is wrong to support the law of keeping Sabbath still now. When Jesus said "Come to me, all you who are weary and burdened, and I will give you rest", He said that the Sabbath system was fulfilled once and for all in Him. So we are always in the Sabbath, or perpetual rest, IN JESUS CHRIST. If we insist that we should keep the Sabbath still now, we must keep the system of the Biblical calendar exactly, where a year started from the day that the Chief Priest decided by checking the shape of the Moon because each month began with a new moon. And in the system, the days of week and the date were fixed with each other (e.g., Jan 14 must be Friday. exod 12:18), while we are living in the different one, where they are changeable. And we should keep one Sabbatical year coming every 7 years and two years every 50 years. How could it be possible for us to keep them living in the modern industrial society? The system of the calendar during the Old Testament period was a type that symbolizes the salvation given by Jesus Christ: the freedom from the slavery caused by sin.

The types of the Old Testament symbolizing the works and personality of Jesus Christ were fulfilled and abolished eternally. Otherwise, we must continue the circumcision, establish the God's Temple in Jerusalem, where we should offer sheep and cattle to God, which the Bible strictly forbids us to do, and we should not eat the meat of pigs, fish without scales and so on. We can obey the laws of those types through recognizing the works of Jesus Christ as the essence of them. So we can obey the Sabbath law through recognizing Jesus as a giver of comfort to us. The dispensations of the OT changed completely in the NT era, so that the OT laws have changed to be applicable to every era and every place in order that every nation shall be the disciple of Jesus. Again I say, if we should obey the Sabbath laws, we should reestablish the system of calendar of OT.

つまり、ここで述べたのは、もし安息日の律法を今日でも守らなければならないとしたら、安息年も守るべきであり、暦制度を全部旧約時代のそれに戻すべきであると。

これに対して、「聖書の律法はすべて永遠の効力を持つ」と書いてあるとの返事があった。

私は、「聖書の型に関する律法はイエス・キリストにおいて成就した」ので「永遠に廃止された」と述べた。

ここで「廃止された」というのは「無効になった」という意味ではない。

旧約律法は、イエス・キリストにおいて確立されたのである。

どのように?

安息日の律法は、「イエス・キリストにおいて永遠の休みを得る」という形で恒久化されたのである。

われわれは、イエス・キリストにおいて救いを得る。罪からの解放、罪の結果からの解放、奴隷からの解放、病気や死からの解放。

イエス・キリストを信じるわれわれにとって、すべての日が安息である。

われわれは、イエス・キリストにあって、永遠に安息の状態に入った。

だから、7年に1年、50年に2年丸々休みを取る必要もない。

なぜならば、イエス・キリストにおいて常に休息しているから。

もしそれが事実でなければ、次の言葉は嘘になる。

すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。(マタイ11・28)

われわれには、いつでも安息を得る権利がある。

イエス・キリストに依存し、休息を求めるときに、われわれにはそれが与えられる。

旧約聖書の律法は、イエス・キリストにおいて成就し、確立されたのであって、無効化したのではない。

動物犠牲は、イエス・キリストにおいて本質が現れたことによって廃棄されたが、無効化されたわけではない。

それは、かえってイエス・キリストにおいて有効化された。

シミュレーション装置で練習していた訓練生が成長して本物のパイロットになったら、もはやシミュレーション装置が必要なくなる(もちろん、技術向上用に使い続ける場合もあるだろうが)のと同じである。

ただし、安息日の制度、つまり、7日に1日休む、7年に1年休む、50年に2年休むなどは、人間の精神的肉体的健康にとって有益な部分があるので、実践すべきであろう。

しかし、それを宗教的な義務として実践すべきではない。

もし「律法は永遠の掟として与える」との御言葉に基づいて宗教的にも実践すべきと考えるなら、割礼や神殿における動物犠牲も復活させなければならない。

聖書の陰暦をも復活させ、祭りの制度も回復すべきである。

しかし、それは、聖書において禁止されている。

パウロは「割礼を受けろというなら、根元から切ってしまえ」とすら言っている。

旧約律法は、全世界の国民の弟子化のために、普遍化されるべきである。

つまり、律法に関しては次のようにすべきである。

(1)イエス・キリストを示す型に関する律法

イエス・キリストの御業やご人格を予表する型に関する律法は、イエス・キリストという実体の登場とともにその役割を終えた。

だから、神殿も動物犠牲も不要である。

それらを通してイエス・キリストを見れば、十分である。

(2)それ以外の律法

その他の律法については、エッセンスを取り出して、それぞれの時代や地域に適用できるように変えるべきである。

2.

イエス・キリストはメルキゼデクと同じ位の大祭司となった。

イエスは私たちの先駆けとしてそこに入り、永遠にメルキゼデクの位に等しい大祭司となられました。(ヘブル6・20)

メルキゼデクとは、アブラハムの時代の大祭司である。

つまり、まだイスラエル民族が誕生する前の、超民族的な時代のことである。

モーセ律法は、イスラエルの民族に対して与えられ、大祭司はレビ人でなければならなかった。

祭司職が変われば、律法も必ず変わらなければなりません(ヘブル7・12)

イエス・キリストが超民族的な大祭司になられて、祭司職が変化したので、律法も変わらなければならない。

つまり、律法も超民族的なものに変わったのである。

それゆえ、モーセ律法は、その本質を取り出して、あらゆる民族や時代に柔軟に形を変えて適用されるべきものに変わったのである。

安息日に固執するならば、数々の解決できない問題に遭遇する。

以上述べたように考えるならば、合理的に理解できるだろう。
 
    (嵯峨野教会牧師) この意見の最大の欠陥は、安息日が人間に罪が入る前から存在していたことを無視している所にあります。この著者は、創造前に与えられた第七日安息日と、キリストが与えられる救いの安らぎを混同しています。我々は罪のなくなった状態になっても休まずに活動し、そして神とともに安らぐ第七日安息日を過ごすのです。  

第七日安息日、信仰による義、医療伝道

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月20日(木)02時09分31秒
  日曜教会ではどのように教えられているかには関係なく、ここセブンスデーア
ドベンチストにおいては、信仰による義、第七日安息日、医療伝道は全く無関
係なものではなっく、有機的につながっているものであることが教えられなけ
ればならない。日本の教団はその点において信徒教育を怠って来た。このポイ
ントを今こそ我々の教会では回復されなければならない。これは私の思い付き
でそう言うのではなく、証の文にそう書いていることである。
 

ギブンはどうなったか

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月17日(月)20時10分0秒
  また調査に入ろう。  

浪花節説教の弊害という特集をします

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月17日(月)19時18分25秒
  場所は嵯峨野教会ロビーで。  

トランスジェンダー

 投稿者:gender  投稿日:2017年 4月17日(月)10時52分9秒
  英語がよく分からないので要約していただけませんか?

https://news.adventist.org/en/all-news/news/go/2017-04-11/seventh-day-adventist-world-church-vote-statement-on-transgender/
 
    (嵯峨野教会牧師) 世界総会の苦悩がにじみ出ていますね。
要約は近く医療伝道スレッドに出します。
 

牧師よ、感情に訴える説教は不要である

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月16日(日)18時31分14秒
編集済
  日本の教会に限った事ではないが、感情に訴えて、人を感動させる説教をした
いと思っている牧師や神学生が未だに少なくない。しかし、礼拝説教は浪花節
パフォーマンスを披露する場所ではない。そういう話をするタラントがもては
やされた時期もあったかもしれないが、それが教会に何の成長をもたらしたか
と胸に手を当てて反省するなら、それらのものはいっさい無益であったと誰も
が気がついて呆然となるだろう。

牧師よ、教会の説教壇はお昼の奥様相手のメロドラマの講壇ではない。どうで
もいい内輪の人間関係の四方山話の時間でもない。牧師は人の感情を動かして
落涙させたり面白がらせて献金収入を得ているのか。それだったら牧師をやめ
てドラマの脚本家になれ。我々の教会には感情のアジテーターは必要がない。

説教とは、神のみ言葉の取り次ぎである。冷静に感動する福音の奥義を、聖句
から聖句へと示して、明確にせよ。信仰に愚直に生きた先人の模範を淡々訥々
と語れ。浪花節は金輪際やめろ。それは中身を伴わない刹那的感動を性急に求
めたがる者のすることだ。そんな薄っぺらい説教をして「いい先生ですね」と
評価されることがSDA教会牧師の使命ではないはずだ。目に見える結果だけを
追い続けた岡藤執行部以来の表面取り繕いの説教の伝道は終わりにせよ。岡藤
も国平も横溝もいないのだ。堂々と聖書の証の文と預言に立ち返った説教とメ
ッセージをしよう。つられて感情を揺すぶられる信徒は大迷惑で何も真理も原
則も学べない。それが悟れないのか。それよりどうしてSDAに与えられている
預言の霊の賜物をシェアしないのか。どこかの青二才の2ch長老のようにSDA
が残りの民の教会である事を信じていないから、人の感情にインスタントに訴
える話術を競っているのか。そう思われたくなければ聖書と証の文の基本に立
ち返りなさい。それがSDAの牧師の働きの本分ではないか。みことばと戒めが
語られるなら、そこに異言や預言の霊ものぞみ、心からの肉によらない神の賛
美ができるようになるのだ。

 

特にこの安息日は過ぎ越しの安息日です

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月15日(土)10時40分30秒
  イスラエルがエジプトの奴隷状態から脱出した前日の記念の日です。
エジプトの苛烈な試練を過ぎ越したという意味で過ぎ越しと言われています。
その教訓は現代社会にも生きています。我々が生きている世俗社会の
中で課されているプレッシャーに耐えて忍耐強く神の約束を文字通り信じる
ならば、過ぎ越しは意味のある経験となります。過ぎ越しの安息日を
厳粛に過ごしましょう。この世に対して精神的な借りがあってはいけません。
 

安息日は悔い改めの日

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月15日(土)10時18分34秒
  安息日を悔い改めの日としませんか。
世俗迎合主義を悔いましょう。
SDAの使命を忘れて新共同訳豚肉聖書を安易に強制したことを恥じて泣いて悔いましょう。
証の文、特に大争闘を絶版にしたことを悔いましょう。
未信者との結婚を組織ぐるみで煽ったことを悔いましょう。
信徒の教育を手抜きにしながら、信徒の資産をせびったことを悔いましょう。
教会の資産を簒奪して医療法人設立、二流看護学校四大化を強行したことを恥じましょう。
教団組織の既得権争奪闘争で天沼臨時総会で信徒の前に赤恥を0さらしたことを悔いましょう。
嵯峨野教会牧師に訥々と事実を挙げて譴責されても一言も反論できない偽指導者を恥じましょう。

嵯峨野教会はセブンスデーアドベンチストの有志のバーチャル教会です。
最後まで徹底的に教会組織の悪と戦います。正義は必ず勝ちます。みなさんもそれぞれの場所で立ち上がって、原則と神の戒めを回復してください。

 

嵯峨野教会の本質は

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月14日(金)14時46分39秒
  嵯峨野教会は専守防衛の戦闘教会です。これからも激しい議論をして教会の使命と原則を守ります。  

嵯峨野教会の主題は

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月13日(木)19時36分24秒
  宮清めです。  

78万アクセス 感謝!

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月10日(月)02時54分29秒
  戦闘教会セブンスデーアドベンチスト嵯峨野教会理事会のアクセス件数が
78万に達しました。きれいごとばかりで本質のない人たちから激しく批判
され、評判は最悪になるだろうとおもって始めた嵯峨野教会ですが、こん
なにも固いものを食べられる方々が支えてくださり、感謝に堪えません。
これからも嵯峨野教会は正義のために戦い続けます。教団のリセット、ユ
ニオンカンファレンスへの降格、シライシによる世界総会書記ジム・クレ
スへの讒言とその反撃の成功と逆転支持、すべて神の栄光のためであり、
また、みなさんのお祈りのお支えのおかげです。この通り裏も表もないふ
つつかな牧師ですが、これからも嵯峨野教会をよろしくお願い申し上げます。
 

嵯峨野教会定期メインテナンス終了

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月 8日(土)22時59分33秒
  全記事を保存して万一の攻撃やクラッシュに備えています。
当理事会掲示板の記事は気前よく大量に書き流しているのではなく、
あとでそのまま著作物に取り込むことをはじめから意図しています。
教団のリセット、ユニオンミッションへの降格を100%支持しま
す。さらに嵯峨野教会を過激に盛り上げて日本全国にSDAを知ら
しめましょう。容赦は致しません。原則主義の反撃です。神は我々
とともにあります。恐れずに教団に反撃を。
 

再掲示 洗脳を解くために何度でも

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月 8日(土)21時41分19秒
  怒り  投稿者:嵯峨野教会牧師メール  投稿日:2011年 6月28日(火)12時50分3秒 編集済
福音には神の怒りが込められていると聞いたらみなさんは驚かれますか?

決して驚かないで戴きたいと思います。人を愛するが故の、罪を憎む怒りです。罪
を憎んでキリストが一人でも多くの人を救いたいという神の神聖な意思表示が福音
となりました。人を滅びに導いた罪に対する激しい怒りが福音の根底にあります。
だからこそ私たちは福音の神への畏怖と感謝をするのです。「神を畏れ神に栄光を
帰せよ」と第一天使の使命で言っているのはそういうことです。よろしいですか。


さて、ここで質問です。神ご自身が人の罪をあがなうために死なれるという事は、
この世界をつくり被造物に命を与えて生かしておられる神ご自身が死なれるという
ことです。それは能天気に「素晴らしい」「もったいない」「私には恐れ多い」、
というレベルではなく。世界の存在をキャンセルアウトしてしまいかねない大変な
事態です。神が人間のために全天を巻き込んで共倒れするリスクを進んで受けられ
たということです。ですから天使たちが慌てたのです。神が死んでしまったらこの
世界は成り立たなくなってしまうよ!どうしたら、神は人のために命を犠牲にする
ことが出来るでしょうか??? しっかり考えてください。これが答えられなかっ
たら我々はキリスト教会の看板をたたんで異教徒でもやっているようなヒューマニ
ズム団体に成り下がらなければならなくなります。
 

成功した教会内部工作員の物語

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月 3日(月)12時01分33秒
    >860 :神も仏も名無しさん:2017/04/02(日) 11:26:06.28 ID:D7Jt2I1Yr >>658
  >長窪先生を各の如き掲示板(?)で論ずるは僭越無礼!
  >若き日に愛読した師の『愛の讃歌 コリント人への第一の手紙』
  >から受けた感動はいまも些か風化してはいない。
  >世は変遷し、人は虚ろへど、神への道は一筋!

この発言は明らかに林の石松のものではなく、教会員は落涙して読む価値がある。
この人は、嵯峨野教会の祇文への激しい批判には黙っていても、長窪が取り上げ
られると上のように反応された。つまり、後者が日本のSDAの教会員に対する信仰
生活への貢献が前者よりも断凸に多かったことを意味しているのではないか。と
はいえ、長窪の貢献といえばこれだけである。これだけで十分教会員に感銘を与
え教会員から愛の人と思われて慕われたのは神の摂理の許されたことであった。
しかし、それならばゆえに、SDA教会に新共同訳豚肉聖書を焚き付け、学長をやめ
た直後にSDA教会もやめ、獣の教会に走っていった責任は大きいことになる。なん
たる無責任、なんたる破廉恥であるか。私は、長窪によってミスリードされた教
会員は全体の三分の一ほどはいたのではないかと心配していた。セブンスデーア
ドベンチストのアイデンティティに影響を与えた内部工作員としては、明らかに
長窪は祇文よりは成功したといえる。バラムもイスラエルを堕落させる前はそれ
なりの美しい言葉でイスラエルを祝福したことを忘れてはいけない。無礼と憤る
前に号泣の反省を!

長窪に関する評論はまだあるが、それは次の蓋棺録までお待ちください。
 

波動砲発砲まて

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 4月 3日(月)10時04分32秒
  医療法人内で内輪もめ中。  

ハイハイ学校

 投稿者:SDA一般信者  投稿日:2017年 4月 1日(土)21時17分51秒
  (嵯峨野教会牧師) それどころか、エレンGホワイトの証の文も世界総会機関紙掲載記事を含めて英文ならダウンロードして全部無料で読めます。日本では版権や著作権の主張があるのでしょうか。

そうなんですよ。
全部無料で読めます。
日本教団は何でも販売ですね。
まるで「ハイハイ学校」です。
 
    (嵯峨野教会牧師) 信徒が書いて配布する文書に証の文の引用がある場合、教団が「版権侵害」の苦情を言ってきたことはありますか。  

日本語の安息日学校教科

 投稿者:SDA一般信徒メール  投稿日:2017年 4月 1日(土)15時28分42秒
  以前にも安息日学校教科について投稿させていただいたことがありますが、英文の安息日学校教科は内容がちゃんとしたものです。それに対して日本語の安息日学校教科は新共同訳聖書を基に書き換えられてしまっていて真理は取り去られてしまっています。英文の安息日学校教科と日本語の安息日学校教科は全く内容が違います。ですから日本語の安息日学校教科をいくら真剣に読んで学んでも正しい真理からそれてしまい上辺だけのクリスチャンにしかなれません。新共同訳聖書を読んでいる牧師達の説教を聞くとSDA真理の表面上の話をするだけで信仰を否定していることを私は強く感じます。日本のSDA教会に新共同訳聖書を無理やり導入してから20年になりますが、この国からSDA教会が消滅する寸前にまできてしまい、SDAの教育機関、病院、健康食品事業など全ての部門で神様の祝福を失ってしまいました。SDA信者の霊的堕落は目を覆いたくなる状況です。なによりも信者が救い主の再臨と世の終わりのどれほど危機的状況に自分たちが生存しているかを全く分かっていません。新共同訳聖書を読んでいると口語訳聖書を学んでいる日曜教会の信者さん達の遥か足下にも信仰は及ばなくなってしまうのです。預言者が世の終わりの危機がやってくるとSDA信者の多くが教会を去り、その代わりに他のものが直ぐにその席を埋めると言われました。直ぐに教会にやってくる人たちは正しい聖書を読んでいて正しく真理を日々学んでいる方達に違いありません。日本のSDA信徒が目を覚まして正しい聖書を読むことができますようにと心からお祈りいたします。  
    (嵯峨野教会牧師) 私も、バプテスマを受けて以来、教団の不誠実に激しく憤りながら40年の年月が過ぎました。いやなら奨学金を返済して出て行けばいいと国平や西野などから悪態をつかれましたが、神は我々を守られました。その私も、日本のためにその祈りに静かに加わらせていただきたいと思います。
お尋ねしますが、教団の発行する文書で新共同訳を引用しているということは、教団は聖書箇所引用のたびに信徒の献金から、著作権料を日本聖書協会に払い続けているということですか?
新共同訳はエキュメニズムという政治的理由でカトリックと合弁して作られた聖書であって、聖書の預言の成就を信じるセブンスデーアドベンチストが率先して公式採用すべき聖書ではありません。それは背任です。この考えをあなたの教会の中でも広く懇切丁寧にお語り、お広めください。伏してよろしくお願い申し上げます。
教団の新共同訳聖書を推進したグループは、それに反対する教会内部の意見を満足な釈明もしないまま悉く誹謗して潰してきましたが、石松長老というのは明らかにその一派に属します。SDAの信仰と原則を守るために今こそ命をかけてみんなでそれぞれの場所で抵抗してください。「教団指導者に抵抗するのは罪」という洗脳から解かれてください。神と聖書と預言のみたまに反抗するのが罪なのであって、それらに従わない偽指導者に反抗するのは罪ではなく、正義です。私はそのためにも祈ります。
新共同訳豚肉説は秀逸なたとえです。それを下さった姉妹の方には感謝。それを罵倒する石松の惨めな抵抗は暗渠に晒しています。嵯峨野教会は皆さんと共に正義のために一歩も引かず教団のリベラル残党と過激に戦います。これは弔い合戦です。これは主の戦いです。祈りによる支えをお願いたします。

このコメントに早速イシマツ長老様が速攻で文句をつけておられます。もうバカバカしいにもほどがあります。理事会掲示板が穢れるので、暗渠の「お笑いネタ」のタイトルの下でひねりつぶしておきます。気が向いたらご覧ください。ただし、心臓の弱い人は暗渠の閲覧をお勧めしません。
 

安息日学校テキスト

 投稿者:SDA一般信者  投稿日:2017年 3月31日(金)11時35分56秒
  アメリカではテキストがネットで無料で見れたり、スマホのアプリも無料で手に入れる事が出来ますが、日本では教団からテキストを買わない限り見れない学べないっておかしいと思います。

http://ssnet.org/blog/friday-thought-feeding-sheep/
 
    (嵯峨野教会牧師) それどころか、エレンGホワイトの証の文も世界総会機関紙掲載記事を含めて英文ならダウンロードして全部無料で読めます。日本では版権や著作権の主張があるのでしょうか。  

医療法人を叩きのめします

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月31日(金)09時17分47秒
編集済
  覚悟はできているんでしょうな?教会員の見ている前で崩壊させます。
本郷よ、西野よ、衣川よ。教会の資産を奪っておきながら医療伝道を
しているかのように大きな顔をするな。私は公開の場で決着をつけま
す。あなた方の命脈は嵯峨野教会のキーボードの一打にかかっていま
す。いまや嵯峨野教会が東京アドベンチスト病院の寄生虫の医療法人
の生殺与奪権を握りました。岡藤の胸先三寸に働き人の人事がかかっ
ていたように。(怒)

宮▲先生。まだ私が冗談で嵯峨野教会を運営しているとお思いではな
いでしょうね。私は決めた事は必ず実行します。教団と戦う事も学生
時代に決意した事。私は自分の使命を果たすまで。

嵯峨野教会はいよいよ最終決戦モードに突入です。
 

東出先生へ

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月27日(月)08時13分42秒
  文部科学省に学歴詐称者の一件を通報いたしました。0  

信仰とは何か

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月26日(日)05時28分44秒
  学歴詐称者が滅茶苦茶にしてくれた信仰と聖書教育から立て直しませんか。

信仰とは疑いがあるからこそ生まれるのではありません!
義分の言ってきたことは出鱈目です。忘れてください。
信仰とは、まだ見ぬものを、感情や心やフィーリングで信じるのではなく、
聖書のみことばの約束によって信じることです。み言葉をそのまま信じれ
ないで、真の信仰など、誰が何というと絶対にありません。それが基礎です。
 

777777達成

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月24日(金)10時57分23秒
  祝福された嵯峨野教会と信仰の戦いを共に致しませんか。
神の戒めと原則と使命から外れた教団をぶっ飛ばして、新しい日本のSDAの再生を。

 

東出先生

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月23日(木)19時34分52秒
  文部科学省に通報致しますが、よろしいですね。  

教会員よ目を覚ませ! 

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月23日(木)01時59分15秒
  2チャンネルからの転載。

  >798 :神も仏も名無しさん:2017/03/22(水) 23:54:50.71 ID:59xdYHeMC
  >嵯峨野教会牧師が報じた記事のなかに日本SDA重鎮の人物に学歴詐称(?)の
  >疑いがあるとの報告があった。
  >真偽は定かではないが、もしそうであるならば昨今の日本を揺るがし
  >続ける森友学園問題にも類似しかねない教団の信用問題である。
  >事の良し悪しは別にして嵯峨野教会H/Pを閲覧する人はSDA以外にも多い。
  >教団に早急の善処を求める。
2ちゃんねるにも正常な判断を有する人がいるのは喜ばしいことです。話題をそ
らそうと戯言をまくしたてるしか能のない石松長老ばかりでなくて嬉しいです。
その通り。これは重大な問題です。嵯峨野教会はインターネット上に広く公開さ
れた教会です。ここでシェアされる情報委は真実です。そしてこの学歴詐称問題
はこの教会の信用を侵蝕しかねない重大な問題です。私はそれを躊躇なく心を鬼
にして述べました。教会を堕落させこれ以上信用を落として聖書の預言された残
りの民の教会の名誉を汚したくなければ問題を顕在化して厳正な対処を要求する
ものです。ハレルヤ! 主をほめよ!
 
    (嵯峨野教会牧師) しかし、その人は「重鎮」などでは断じてありません。あの岡藤ですら最初の学院への雇用をためらった程のサイコパスのリベラルです(それは学院の職員が身にしみてわかっているはずです)。SDAの原則と使命を軽んじ、我々の教会の信仰のアイデンティティに損害を与えてきた確信犯です。こんな者に教会の重鎮を名乗らせてはいけません。我々の教会の牧師のレベルを落とさせた張本人です。私たちの教会を守るために絶対に三育に戻れないように信徒全員でお祈りをお願いします。  

緊急議題の説明

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月18日(土)21時24分57秒
編集済
  議題: 学歴詐称者(以下ギブンと略記)の問題について

ギブンはセブンスデーアドベンチストの神学の最高学府であるアンドリュース
大学を卒業したとされているが、調査によると、彼がアンドリュース大学を卒
業した証拠は無い。一時、彼が、アメリカに留学してアンドリュースに行った
ということになっていたが、在籍の事実は無く、いたとしても短期訪問か、ド
ロップアウトしたのではないかとみられている。ギブンがアメリカに行って2
年程音信が途絶えていて行方不明になっていた事がある。

嵯峨野教会牧師は、その音信不通の間、ギブンがサンフランシスコにいたこと
を突き止めた。私が1980年から1982年まで、カリフォルニア州のカレッジに
いた時、サンフランシスコからPacific Union College(Angwin, CA)に向かう途
中のSan Rafaelという所に、フリーウェイの右側に当時神学学校を自称してい
たトリニティ教会があり、サンフランシスコの古い日本人教会員がギブンがそ
の「学校」にしばらく在籍して通っていた事を証言した。つまり、ギブンはア
ンドリュースを卒業しておらず、その日曜教会の神学学校で単位を充足してい
たのである。それから日本に帰って、東神大で残りの学位の埋め合わせをした
のである。だから決して彼はアメリカに行ってアドベンチスト神学を学んで帰
ってきた訳ではない。ゆえに彼にはアドベンチスト神学の基礎が皆無なのだ。

昔のカリフォルニアの状況を知る古い教団関係者によると、ギブンのいた当時、
サンフランシスコやロサンゼルス近郊には、忙しい牧師たちにマスターや博士
号を取らせるためと称して、手軽に牧師の漫談を聞いただけで単位がたまるよ
うな泡沫神学校がいくつか存在していて、ギブンが行ったSan Rafaelの学校と
いうのも其の一つであろうということだ。


ご意見、ご感想、反論は御座いませんか?
 

嵯峨野教会理事会緊急会議開催中

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月18日(土)20時05分28秒
  議題はギブンの学歴詐称問題です。  

説明希望

 投稿者:アドベンチスト  投稿日:2017年 3月17日(金)18時38分27秒
  牧師様。義文さんの学歴詐称疑惑とやらの説明をお願いします。事実ならば私どもも座視する事は出来ません。
よろしくお教えください。
 
    (嵯峨野教会牧師) わかりました。
では、日没後に説明致しましょう。
嵯峨野教会理事会臨時会議にお集りください。
緊急議題はギブンの学歴詐称問題という事で。
 

嵯峨野教会理事会は

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月17日(金)11時35分50秒
  これから白兵戦モードに突入します。
ここまでくる道のりは長かったです。
もう後戻りはありません。日本教団と
ぶつかって雌雄を決着するのみです。
 

学歴詐称疑惑の根拠

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月17日(金)10時16分13秒
  それをここに説明して欲しい方はいらっしゃいませんか。
いらっしゃいましたら、すぐにここに説明を致しますので
おっしゃってください。説明要請があってそれに答えてこ
そ嵯峨野教会理事会が正式の公文書になれます。
嵯峨野教会は戦闘意欲満々です。原則が必ず勝利するのを
この世の人の前に見せましょう。嵯峨野教会が公開なのは
それが目的です。
 

高橋ギブンの学歴詐称

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月17日(金)09時22分24秒
  ギブンがアンドリュース大学を卒業していないという疑惑があります。
 
    (嵯峨野教会牧師) 学歴詐称の者を三育の神学科責任者に立てると
文部科学省からの認可が降りにくくなるのではありませんか、東
出先生? 私から文部科学省に通報しましょうか。私は進んで喜
んでいたしますよ。

嵯峨野教会牧師 拝
 

順序を追って日本の教会歴史を再検証

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月15日(水)19時30分57秒
編集済
  これからまとめる教団の歴史のあらすじをまずここにまとめておきます。
これに対して付け加えること、事実に反すると思われる事がありましたら
嵯峨野教会理事会掲示板に遠慮なく(必ずしも実名投稿でなくても結構
ただし特定できるニックネームを要求させて頂きます)ここに発言掲示
をお願いします。嵯峨野教会理事会は、上のルールに反しない限り、い
かなる発言も削除しませんし、した事もない最も公正真実な掲示板です。


(あらすじ)

三育学院の神学部に、岡藤、横溝、曽根田、土屋、西浦、売間などといった一団の
同級生がいて、その中でも飛び抜けていた岡藤がリーダーとなって、日本の教団を
コントロールを乗っ取ろうと計画をした。彼らは卒業年度が1950年だったので、
「スプリング50」というニックネームで呼ばれていた。

彼らはアメリカの宣教師によって教団が原則主義によって運営されるのを日本人の
こころにあわない等と主張していたが、卒業したばかりの若輩者ではとても自分達
が自ら教団指導者の立場に成り上がって権力を振るう事はできなかった。そこでち
ょうど其のとき国平四郎が三育学院にきて心理学を教えていた。彼らは国平を日本
の教団を導く最適の日本人として持ち上げて、ろくな霊的な資質も何もないのに教
団総理として迎えるように執拗に陳情した。其の結果、国平を日本の副総理として
迎える事が承認された。

国平は霊的には何も無いすっからかんの典型的実利優先教会員で、心理学の教授と
しても有能で造詣深い人物ではなかった。彼は、ロマリンダで心理学を教えるとい
う閑職についていたが、「アメリカ人の学生たちは誰も私についてこないが、日本
人だけは私を覚えてついてきてくれる」と語った。しかし現実には彼ににじり寄っ
ていた日本人というのはスプリング50とその追従者たちだけだった。カネの力のゆ
えに日本の教団総理に担がれただけである。其の意味では広義の岡藤の被害者か。

一旦、国平が日本の副総理になってから、岡藤、横溝らは、彼が総理になるように、
当時教団総理のワッツを無視したり、行政権を制限するような工作を行い、ワッツ
がいたたまれなくなって帰任するのを早めた。ワッツがいなくなって、すぐに国平
は日本の教団総理になった。

国平が総理になって本丸を落としたと思ったスプリング50は直ちに教団や教団機関
の要職を占拠した。そして、ビジネス感覚に優れた国平は、早速、原宿の中央教会を
競売にかけ、森ビルに売り払った。楢葉の三育学院キャンパスも日本石油に売り払っ
た。楢葉キャンパスを売り払う契約をした時、三育学院はまだそこを出てゆく行き先
も決まってもいなかったのである(山中さんの証言)。広島三育学院高校の土地は国
平の親族の持っていた荒れ地を購入させたものである。

1977年に教団会計の多額の不正横領着服が発覚したが、捜査が入る前にもみ消され
教団の隠蔽体質が確定した。

楢葉キャンパスと原宿中央教会の一等地を売り払って莫大な利益を得た教団は、そ
の資金(の一部)を教会に還元するとして、全国各地の教会の建築をはじめた。そ
のために藤田建設と独占契約をして教団幹部の贈収賄の素地を造った。実際に地方
に建てられた教会や大多喜三育の建物は湿気で床が腐って築一年で抜け落ちる様な
安普請だった。そんな劣悪な建物を建ててもらってリベート収入を得ていたのだ。
バプテスマも基準を下げて信仰のレベルも下げた。

国平岡藤以来の教団運営の原則は実利実績主義であり、現代企業のビジネス戦略と
大きな違いは無い。什一収入のためのバプテスマ数が重視され、それを満たすこと
がノルマとされ、霊的にはがさつな組織になっていった。三育学院では、SDAのア
イデンティティを否定する者が神学や牧師の指導者となり、祈祷週のアメリカから
の宣教師もなくなって、霊的に更に干からびた。英語力も急速に低下していった。
預言者の学校となるという抱負をもって立てられていた三育学院も一般の凡人のた
めの私立大学に変わっていった。

証の文、大争闘の出版を絶版にした。その後出ているのは臨時出版であって、コン
スタントに印刷発行しているものではない。福音社も倒産し、印刷は韓国企業任せ
である。サインズも広く読者を取るために世俗迎合の低レベルの内容にしたのはス
プリング50に追随していた広田實である。それによってサインズの読者数が劇的
に増えた訳ではない。

「日本の伝道を動かしているのは三育フーズだ」とロマリンダに来ては豪語してい
た売間であったが、年商20億円の上にすっかりあぐらをかいて、商品の開発力も知
恵も無いまま、衰退していった。いまでも売間の言葉の通りであれば、今の日本の
教団の衰退はなかったはずだ。

未信者との結婚を普通に許そうと考えていた白石尚らは、ワッツの原則主義に唾棄
していたが、カトリックの人をロマリンダの教会役員にするような霊的不適格の国
平が総理になって、その枠が外されてしまった。未信者との結婚をなんの問題
であるとも考えない長老や牧師を増やし、其の結果、信仰を受け継ぐ事の出来ない
二世の世代がつくられ、家族伝道は大幅に後退した。この責任は決して小さくない。
此れを書いている間に、2チャンネルの石松長老が、「未信者と不信者は違う」とか
詭弁を呈していたが、そんな議論をするのは教会外の未信者に対して無礼であろう。

教団は国平のビジネス戦略で一時的な大もうけをして、牧師の中にすら土地ころが
しや財テクをすすめる者があったほど経済的に驕っていたが、バブルの崩壊でそれ
は全くの虚構である事が明らかにされた。これは神の裁きであったと信じられる。
一時は銀行に70億円のフリーキャッシュがあったのに、白石が総理の時に、それを
5億円まで激減されていた。だから金城けんゆう総理は亀甲山の教団本部の立て替
え資金すら満足に調達する事が出来なかった。
そんな経済的に悲惨な状況の中で、教団は、夢にうかされたか、国平が一方的に売
り飛ばさせた楢葉キャンパスの土地を1億3千万で買い戻した。しかし、辞書の中
からの遺跡発見の理由で再開発不能の不良債権となっていて、それは買い戻すべき
物件ではない事が既に金城総理に知らされていたにもかかわらず、高橋義文、白石、
天野、本郷(エ)、衣川輝夫らは金城を罷免してでも楢葉計画を進めようとして激
突。それが2004年の天沼の緊急臨時総会スキャンダルとなって爆発した。

そこまでして苦労して買い戻した楢葉キャンパスだったが、結局再開発不能のまま、
土地税と維持管理費で無駄な出費を10年以上教団に続けさせているが、白石はまっ
たく教会に対して謝罪しようとしない。それどころか、新共同訳聖書を教会に押し
付けたり、エキュメニズムのために教会のお金を勝手に使い、カトリックを受容す
るとして、それに反対する長老を幼児的といって罵った。彼の前に、日本のセブン
スデーアドベンチストの原則一途の教会は死んでいる。

東京衛生病院は東京アドベンチスト病院として、さらに教会の資産75億円分を法
人申請に必要だからという理由で白石の証人のもとに奪い取り、返還するそぶりも
ない。医療法人をつくったのは伝道のためではなく、教団病院幹部の老後の収入の
ためである。こうした組織の私物化によって日本の医療伝道も死んでいる。
(そろそろつぶさなければなるまいと思っています)



これが、一応の日本の戦後歴史のあらすじです。
教会員は、これが日本の残念な教団史であると
お心得願います。我々、良心的教会員の正義を
求める主張はこの通りぶれず一貫しております。
教会員よ、教団と戦え。前進を合い言葉にせよ。
この情報についてご質問がありましたら、教会
員であるか否かに関係なく歓迎致しますので、
ご遠慮なくお寄せください。神の教会の不正は
公開の場で決着するのが私たちの願いです。
なお、公人の批判は合法です。ご理解感謝!


嵯峨野教会牧師 拝
 
    (嵯峨野教会牧師) これは、一冊のノンフィクションドキュメンタリー小説のあらすじとしては短い部類です。これを長い文章だと2chで喚いている人は日本語がわからないか、文章の才能がないのでしょう。  

日本教団の堕落は岡藤国平から

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月15日(水)18時02分57秒
  現在、日本のSDAの歴史をまとめて小冊子を造るプロジェクトを計画しています。
嵯峨野教会の過去記事も盛り込みたいとおもいます。写真の提供もみなさんに
お願いしたいと思います。日本の教会の堕落は、無能な日本人を教団指導者に立てた
1974年から始まったという認識を共有する信徒を募りたいと思います。
 

義文の授業シリーズ

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月15日(水)10時42分36秒
  リベラルの東京神学大学位取得者浦和高校崩れのギブンが一体全体三育の牧師
コースで学生たちにどんな事を教えて教会を堕落させてきたかを厳しく振り返
るシリーズのこれまでのところの連載です。日本語のわかる教会員は各自熟読
してこの問題を自分の問題であるかのように共有して頂けると幸いです。私は
主の家の回復のためにこの働きをしています。決して悔いません。みなさんも
私のようになって下さると幸いです。
(その5)
http://257.teacup.com/newsda/bbs/11130
(その4)
http://257.teacup.com/newsda/bbs/10831
(その3)
http://257.teacup.com/newsda/bbs/10762
(その2)
http://257.teacup.com/newsda/bbs/10753
(その1)
http://257.teacup.com/newsda/bbs/10750
 

日本教団よ

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月15日(水)10時17分6秒
  国平、岡藤以来のスプリング50の三育同窓会で日本の教会を堕落させてきた事を
信徒に謝罪せよ。日本教団の運営を世界総会に返上し、ユニオンカンファレンスも
返上して、ジャパン・ユニオン・ミッションに自主降格して原則に立ち返り出直せ。

嵯峨野教会は原則的信徒の代表として声が枯れるまでお前たちを批判し、悔い改め
と信徒への謝罪を公開で求める。この嵯峨野教会は日本の全キリスト教会が注目し
ていている。そうするのは、セブンスデーアドベンチストが聖書に預言された残り
の教会だからである。残りの教会なのであるから、パブリックエンティティであり、
その内部の問題も社会に公開される者であるという認識で嵯峨野教会をインターネ
ット上に建てた。我々は一歩も引かない。臭い者には蓋をするという教団の姑息な
組織に対して信仰により反対する。我々は日本の社会に伝道するために建てられた
公の教会であるから問題も社会とシェアするのが筋だ。その考えに疑問や間違いを
指摘するなら、嵯峨野教会理事会で実名で立ち上がって指摘して頂だこう。私は第
七日再臨信徒の名前で聖書に反対する日曜教会の勢力との戦闘に入る事を宣言する。
そしてセブンスデーアドベンチストのアイデンティティを骨抜きにしてエキュメニ
ズムに向かわせようとしている教団の裏の人々と激しい戦闘を開始する。


嵯峨野教会牧師   長谷川寿紀
 

高橋義文は神学者ではない!

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月15日(水)10時02分51秒
  ただの社会学者です。(ニーバーかぶれ)
信仰の精神などゼロ!
東京神学大学で学位を取って箔つけてるだけ。
どうしてそんなのに神学を教える資格を与えているのか。冗談じゃありません。
SDAの牧師に教える資格を与えてはいけません。林真も罪作りなことをしてくれたものだ!
学院に戻るなど論外。牧師教育をこれ以上堕落させてはいけません。
徹底的に抵抗して戦って下さい。
私も昔一年間日本の医学部から都落ちして三育に身を寄せていた時は
彼の影響を受けないように必死に抵抗していましたよ。
信仰が無かったら、結構知性が高くて面白く一緒に酒を呑む仲になってかもです。
 

原宿の墓標 (オリジナル)

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月15日(水)09時48分37秒
編集済
  ”我々は歴史から何を学ぶべきか”
http://homepage3.nifty.com/newSDA/bohyo.htm
(序論)
セブンスデーアドベンチストの東京中央教会は、東京都渋谷区のJR山手線原宿
駅から徒歩で十数分の所にある。表参道のにぎやかな通りから大型トラックが対
向不能な細さの通りを入って裏に少し歩くと、そこに一昔前の前衛芸術か新興宗
教団体の納骨堂を思わせるような不格好で陰気なコンクリートの建物があり、そ
れが教会であることを悟るには、やはり表に掲げられた案内板に頼らなければな
らないだろう。誰もここにかつてアドベンチストが戦後の日本伝道の復興の期待
をかけた東京原宿伝道センターがあったことを想像するのは難しいに違いない。
表通りの傲った軽薄な喧噪とは裏腹に、そこは常に静けさがあり教会の周りには
十分な駐車場もないため、人の往来もそれほど多くはない。ファッションタウン
原宿の多幸症(euphorias)の裏に埋もれて忘れ去られ、かつて我々が再臨使命をつ
たえる拠点としようとした、この場所がこれほどまでにさびれてしまったのは一
体どうした事なのだろうか。そこには我々の責任があるのだろうか。

歴史と背景

今年は太平洋戦争(第二次世界大戦)が終わって61年目にあたる。大日本帝国の
ヒステリアが物心共に惨めな敗北に終わり、国体と天皇の神聖性が否定されるこ
とによってそれまでの日本人の旧態の精神生活は完全に根拠を失った。戦争によ
る物的被害や人命の損失は計り知ることが出来なかった。人々は、繁栄した文化
を奪われて再び貧しい暮らしを強いられた。戦争中に迫害と教会の強制解散を経
験したセブンスデーアドベンチストは、精神生活が破壊されることはなかったが、
やはり他の国民と同じように貧しい経験を甘受した。

そのようなときに、アドベンチストの世界総会は、戦後ただちに日本の教会の援
助を決め、膨大な物資援助と復興の為の多額の援助資金を送って来たのである。
戦後間もなくして、セブンスデーアドベンチストは日本の地で再組織され、再臨
メッセージと聖書の言葉の成就のために働きを再開した。彼らが原宿に東京伝道
の再興のために適当とみられる教会用地を見つけることが出来たのは、ちょうど
その時であった。この場所は、梶山積氏の「使命に燃えて」と題する教会史の本
によると、住所は東京都渋谷区穏田3丁目164の高台1080坪であって、明治
神宮表参道と明治通りの交差する北角にある眺望のよい台地であった。当地は、
戦前はそのあたりの一等地であり、高級ホテルや結婚式場があったのが爆撃など
で破壊されて、荒れ地になったまま売りに出されたものだったという。当時の連
合伝道部会は、そこを神が摂理の内に与えられた新しい伝道の拠点として、新し
い教会堂を建てたのである。梶山はその当時の模様を「高台広場には白亜の会堂
と別館が戦災のため荒廃した原宿、青山、渋谷一帯を見渡しえる台地に出現した
とき、大衆の目に日本におけるキリスト教に新時代が到来した様相としてうつっ
た」と「使命に燃えて」に書き残した(pp.485)。新しい会堂は楽に800人は収
容できる大きさで、講演会が頻繁に催され、表参道の道ゆく人々にも神の働きが
祝福されていることを印象つけたであろう。

ここに問題が起こった。その後間もなくして、多くの不動産業者や大手都市開発
デベロッパーがこの広い土地に目をつけたのだ。しかしながら、その土地がすで
にアドベンチスト教会が購入済みであることを知って、教会に対していろいろな
プレッシャーをかけて来たのである。業者やデベロッパーは教会が移転すること
が如何に将来にとって有利であるか、町の美観や繁栄に貢献するかを巧みに勧告
した。業者の中には教団に対して威嚇的な態度をもってやってくるものもあった
という。しかし、教団の側は譲渡売買交渉に応じる意志はなく、度重なる執拗な
不動産業者の来訪にもかかわらず、クラーク、ワッツ総理らは原宿の伝道拠点を
ひたすら守り続けたのである。しかし、日本の戦後の急激な経済成長の結果、都
内の地価は急上昇し、その結果教団の地所にかかる土地税が大きくなり、これが
教会の重荷になり始めた。そこで明治通りに面した最良の部分400坪を残して、
他の裏手の土地680坪を分譲する案も検討されはしたが、そうであったとしても
教団が原宿の土地を拠点とする伝道センターを放棄する事までは考えなかったの
である。

しかし、総理が国平四郎になった時に突然状況が一変した。教会が原宿の売却を
積極的に考え始めたのである。それは田中角栄が経済成長のおごりの中で「日本
列島改造論」を出して、日本全国で地価が急激に高騰してからまもなくの事であ
った。梶山はその時の状況と経緯を簡潔に次のようにまとめている。

「しかし国平四郎が総理就任後、従来の土地処理とは格段に好ましく思われる
 商談が登場した。その一つは、地所1080坪全部を譲渡し、教会は他に敷地
 を求めて移動する案であった。その案は、当然東京中央教会の会員中少数を
 除く以外の大部分の会員は強く反対した。教団本部と中央教会側との意外に
 長期にわたる困難な折衝を重ねた末(私注:教会と不動産業者との折衝では
 なかった事に注意されたし)、国平総理の後任岡藤米蔵を議長とする教団常
 務委員会は、地所の一部を教団の為に残し、東京中央教会を中心とした原宿
 (東京)センターを建設することを定めて、明治通りに面した全部の地所
 830坪を株式会社森ビルへ約40億円で譲渡したのである」
 「東京中央教会を中心とするアドベンチスト原宿センターは、表通りに建ら
 れる森ビルの豪華な建築とマッチするものが建つことは、結局将来にわたっ
 て有利であるとの専門家の勧告を受け入れ、堅固な建物を築造することにな
 った。台地の会堂を始め、諸建造物が取り払われた後、高台は明治通りの平
 面まで削り取られ、そこに高層建築が造られたのである」

 「この工事は大都会における再臨運動の前進に役立つためネヘミヤの時に似
 たサンバラテ、トビヤ流の反対、妨害は必至であった。はたして意想外に激
 しい妨害に遭遇し、工事は一時停滞する不祥事も起きたが、ついに収まり、
 工事は順調に進められた。しかしこのため起きた損失の保障は、すべて教団
 に課せられた。...(中略)...、昭和53年(1978)6月には竣工し、6月25日
 極東支部総理クラーク臨席のもとに落成式を挙行した。(中略)極めてなご
 やかにプログラムは進められ、過ぐる日の険悪さは跡形もなく消え失せ、セ
 ンターの将来が祝されたのである。」

 「ただ教会の信心深い人達にさえ理解されがたい一事は、旧会堂は献堂式の
 日に1000人を越える人員を収容できたのに比べ、新会堂はわずか144坪内
 に220席しかなく、礼拝に不可欠の聖歌隊席は、臨時にその都度設けなけれ
 ばならない。それにもかかわらずここにはパイプオルガンが備えられている
 事である。この疑問に対し、少なくとも次の理由が挙げられる。すなわち、
 このセンターの使用目的として、新奇を求めて止まぬ現代人の多彩な要求に
 ほどよく適応するため、従来の一本調子から多角的に変わった伝道センター
 を設けたのである。それゆえ、ここには礼拝堂に加えて各種の催し物を行な
 い得る数々の教室または集会場が完備され、総坪数は586坪に及び、旧セン
 ターより実際には効率的に拡張されているのである」



梶山は以上のように書いて、特に、最後の引用文では、適切な疑問を投げかけて
いるにもかかわらず、やけっぱちな理由づけをして自分と読者を無理矢理納得さ
せようとしているのが痛々しい。彼の記述の言葉の端はしには、「なぜ我々は今
度はこんな狭い教会堂に押し込められるようにして礼拝をしなければならないの
であろうか、これはまさに神の教会の後退ではないのだろうか」というやりきれ
ない思いが伝わるが、この「使命に燃えて」という本が「福音社」からの出版で
あることを思えば、それはかなりの抑制が行間にかかっている事を読み取らせざ
るを得なくするであろう。


実際、原宿が「若者の街」「ファッションタウン」「東京のエトワール広場」な
どとして急激に脚光を浴びるようになったのは、実に中央教会の消滅した明治通
りに面した敷地にナウい高層建築(この建物にはラフォーレ原宿という名前がつ
いている)が建ってからのことである。この時、教会指導者は出来れば、この一
過性の「原宿ブーム」にあやかりたいと思っていたようであり、原宿センターを
「青年伝道の拠点」とも決めて若く活発そうに見える牧師を投入していた。


その後、およそ18年の歳月が過ぎたが、原宿のセンターは一体どれほどの働きを
して来たといえるだろうか。原宿センターは「現代人の多様な要求に答えられる
ような」働きをしてきたのだろうか。そのような問い掛けをする人は誰もいない
まま、この教会は衰退して行くのだろうか。

国平四郎はこの売買契約が成立して後、原宿の旧館が解体される直前に総理職を
後継の岡藤米蔵に渡してアメリカに帰っている。


論賛と解説

まず、読者への親切ということと、自分の立場を明らかにするという意味で、こ
の文の筆者である私は、ここでは教団の味方でも、東京中央教会の味方でも、不
動産業者の味方でも無いことを断わっておかなければならない。以下の文は、そ
ういうスタンスからのコメントである。いつの時代でもそうであるが、清められ
ていない人が恵みを受けると自己増長や自己満足に陥り、神のみこころを曲解し
て、自分の良かれと思ったことすべてがみこころになるかのように振舞いはじめ
るものだ。ちょうどそれはサウルが平民から王に選ばれて傲り高ぶり、最後には
自分の身を滅ぼしてしまったのと同様である。また、1タラントを与えられて、
それを正しく用いなかった人の例えのように、神の恵みを軽んじると、せっかく
与えられた恵みばかりか、持っているものまでも失ってしまうのだ。まず、私た
ちはその事実を厳粛に受け入れなければならない。

敗戦時のアドベンチストはまさに、「国破れて山河あり」の心境であった。教会
を初めから出直さなければならないこともあったが、会堂もなく、教会の資産も
接収され、何人もの将来のある若い青年信徒たちが不注意に召集礼状に呼応して、
大陸や南海の孤島のどことも知れぬ場所で命を失って行った(アドベンチスト教
会の指導者の年齢層に中間に大きな空白があったのはそのためである)。この、
何もない、という極限的な状況において神は介入された。日本は敗戦し、軍国政
府は打倒された。「大日本帝国においてはセブンスデーアドベンチスト教会の名
前は永遠に消滅するであろう」と宣言した弾圧裁判の検事の声明文はただちに無
効と化した。教会は復興され、再臨と安息日の回復の使命を再びこの世界に展開
することになった。そして摂理にしたがってアメリカの世界総会から多額の復興
資金が送られて来た。その時に原宿に新しい日本の伝道の拠点となるように神が
土地を備えられたのである。

不注意でいるとそれと悟ることは出来ないのであるが、地誌というのは神が霊感
をもって定められたものであり、我々はこれを無視することは出来ない。たとえ
ば、東京に西に富士山があり、北に平野が広がり、東に利根川が流れ、南に東京
湾という内灘が開かれているのも、もともとはそういう立地条件は神が創造され
たものであって、しかもその環境はそこに住むものの精神生活に影響を及ぼさざ
るを得ない。今でこそ飛行機や新幹線のごとき発達した交通機関があり、人はそ
の気になれば自分はどこにでも行けて場所の制限を受けることはないと思ってい
るが、山河や海のような地理的制限条件の存在が人間の生活、文化、世界観、宗
教、結婚に運命的影を落として来たのは歴史家の一致する見解である。だから、
イスラエルについても、神に選ばれて世界の人々に神の栄光を表わすことが出来
るようになるために、アジア、アフリカ、ヨーロッパのどの大陸にも簡単にアク
セスできるような便宜的地理環境にアブラハムを召したのである。だとしたら、
なぜ、神が原宿の交差点の角の一等地に広大な土地を恵みで与えられたのかは反
省の余地がある。

まず、そもそもアドベンチスト教会のために選ばれたこの場所が一体どういう意
味があったというのか、またアドベンチストがその土地を占有することが何を意
味したのか考えてみるべきである。東京都23区のロードマップがあるなら見ても
らいたい。始めにSDA連合伝道部会がアメリカからの援助金で購入できた土地と
いうのはJR原宿駅から表参道沿いに東南東へ400m行った明治通りの交差点の
北角であり、現在この地点には「ラフォーレ原宿」という高層建築物が建ってい
る。梶山の記録によると、この建物のあった場所は高台であって、旧教会堂が撤
去されたあと、明治通りの高さまで丘が徹底的に切削されたとある。この場所か
ら青山やNHKなどのある渋谷が見渡せたというのであるから、このあたりでは
結構な高さの丘であったはずである。また、ということは、そこから原宿駅の反
対位置にある明治神宮にも眺望があったであろう。明治神宮とは言わずと知れた
明治天皇が神として祭られている場所であり、戦前の国家神道の神殿であり、日
本国の御陵威(みいつ=authority)の最も高いところであり、それなりに恐れら
れていた所だったはずだ。そういう畏れ多いものが近くにあったからこそ、そこ
にはかつて高級な結婚儀式の施設がある東京市の神聖なる一等地だったのである。
それが戦争が終わったとはいえ、国家が天皇の名前により迫害して教会の死亡宣
告までも下したはずのアドベンチスト教会が突然よみがえって、旧い国家の権威
の象徴のある場所の文字通り目と鼻の先の高台に忽然と姿を表わしたというのは、
非常に象徴的な大事件ではなかっただろうか。旧権威の代表である神社に明瞭な
コントラストをつけるかのように現われた東京中央教会の白亜の教会堂は、天皇
の権威を精神的に至上として神社には足を向けて寝ることもためらわされていた
人々に対して新鮮な驚きとを禁じえなかった。それはまさに時の兆(signs of the
times)に他ならなかった。即ち、神は日本の伝道の拠点をかつての戦前の日本人
の精神的に権威付けの根拠の場所の文字通り鼻先に置かれて、偶像の神を嗤い、
かわりに天地創造と十字架の神がそれに取って替わるべきものである事を日本の
人々に印象付ける最も大胆な場所に与えられた。それがわからなかったのか。神
はアドベンチストの民の恥をそそがれ、敵の前で宴を設けられたのだ。

そして、もしアドベンチストの民が本当に神がそれまでして日本で神の栄光が大
胆に高く掲揚されて伝道が進められて行くことを信じたなら、実際疑いなくそう
なっていただろう。目先の利害に誘惑されず、信仰を堅く守って神の恵みを忠実
に管理し、原則に従って歩んでいたら、神はその場所でさらに祝福を増し加えら
れ、アドベンチストが国民からも国家政府からも最も信頼される宗教団体として
社会的に一目置かれるようにしたであろう。読者にとって「国平が原宿の土地を
不注意に売り飛ばさせたのだ」と言って国平を悪漢にすることは小学生でも簡単
にできる事である。が、しかし、その前にアドベンチストは謙遜になって立ち止
まって考えなければならない。国平がしなかったら岡藤が売りに出したであろう
し、岡藤がしなかったら誰か他の人(それはあなただったかもしれない)がそう
したかもしれないと思わないのだろうか、と。私が読者に敢えてそう言うのは、
こうなったのは、神の無償の恩寵を受けて日本の最適地に伝道の為の土地を得た
にもかかわらず、アドベンチストがそういう神の摂理を悟らずにたるんで怠けて
いたために神が摂理を通してその土地を取り去られたのではないか??!!、という
厳しい反省をしたいからである。主が与え、主が取られたのである。主のみ名は
ほむべきかな(ヨブ記1:21)。

梶山の文によると、原宿土地明け渡し交渉が最も難航したのは、教団と不動産業
者との交渉ではなく、教団と原宿中央教会とのものであったと記録されているが、
これは非常に興味深い事実として覚えられなければならない。つまり教団の心は
中央教会よりも不動産業者の方に近かったのである。一方の中央教会では、梶山
の言うように、いきなり教会土地全部を売却して他に移れと言われて、そんな馬
鹿な、と言って反対したに相違ない。このあたりの経緯に関する他のデータが記
録として残っているものが残念ながらほとんど無いので無闇な憶測は出来ないが
(何者かが意図的に記録を残さなかった可能性も大)、結果から見るならば、最
終的に中央教会は明治通り側の高台一等地を放棄する部分売却案を受け入れる結
果になった。クラークやワッツが総理でいたときは分譲案はあっても明治通り側
の土地を売ることは考えてもいなかったというのに、ここで変わってしまったの
である。

白亜の礼拝堂は取り壊され、それに追い討ちをかけるように、神に選ばれた場所
は明治通りのある低地のレベルまで徹底的に削り取られて低くされてしまった。
教会は僅かに残された裏手の土地に追いやられ、表に建つ「ラフォーレ原宿」の
建物と同じようにしたほうがいいと言うような無責任な専門家の意見におだてら
れて、およそそれに近いような教会を裏道の隘路に建てしまった。その建物はグ
ロテスクと迄は言わないものの、すぐには教会であるとはわからない。あたかも
表に建つ高層建築の離れにテナント料を払って入居している教会であるかのよう
に見える。ピアノやオルガンを鳴らすので一応それなりの防音工事は十分行なっ
たつもりであるのに、隣接の周辺住民からは夜には楽器の演奏しないでくれとい
う条件をつけられ、夜の集会ももはや活気がない。ときたま青年会がカラ元気で
開かれても、話題の中心が聖書の研究よりも「いかにして女を作るか」とかいう
ようなレベルの話をしていた事が多かった。確かにこの程度の施設の利用状況で
あるならば、教会が地の高いところから追いやられて、裏の低いレベルに押し込
められても文句は言えなかった。私は原宿センター落成直後の1978年の7月に
地方から何人かの青年を自分の車に乗せて「信仰の祭典」と称する全国青年大会
に出席したが、その場所の狭いのと駐車場のないという状況は参加者に鮮明に印
象付けられた。そこでは漫画映画の主題歌で踊る遊戯を教会の青年信徒や求道者
に教授していた。それが明治神宮やNHKを堂々と展望できる高台の白亜の教会
堂とはとても似合いそうもない事だった。いずれにしてもこの建物は日本の伝道
活動のコミュニケーションの拠点になれる資格を既にその時点で物理的にも精神
的にも喪失してしまっていたのである。

神は、あなたが安息日を守り、神の戒めに忠実であるなら「地の高いところをの
り越えらせる」と約束された。事実、その約束はそのように歩んで来た神の民の
上に成就されて来たのである。それは、忠実に神と共に歩んでいる信仰の人なら
ば誰でも、経験的に「アーメン」と言って証しすることが出来ることである。事
実、同じ事は、日本のアドベンチストの民にも与えられたのだ。困難と迫害に耐
えて勝利した人々の為に、神は原宿の意味深い実際の価格以上の象徴的な価値の
高い土地を摂理に従って与えられたのだ。しかし、この民はなぜそのような重要
な土地が自分達に与えられたのか、本当の意味を霊の目で洞察することが出来な
かったのではないだろうか。神に与えられた賜物の価値を認めないで霊的にラオ
デキヤの状態を更新し続けてきてしまって、最後には与えられた恵みと土地を信
仰のビジョンもろとも土建屋のブルドーザーの轟音とともに削り取り去られてし
まったのである。

その後原宿はどうしているだろうか。梶山や国平はもはやそこにはいない。ある
のは不信仰のゆえに低められ、大幅に縮小された場所と、制限されたスペースと
いう否定できないハンデイキャップである。残された人はその中で最善を尽くす
しかない。悔い改めとスピリットの復興があればあるいは神は原宿の奇跡を再び
起こされて神の民の恥を注いで下さると信じられるが、その語るべき神の戒め、
安息日、預言の霊、青年への使命等のアドベンチストのメッセージも今教会の中
で揺れ動いており現状は心細い。この停滞した状況が継続する限り、信仰の目か
ら見て、日本の状況は原宿の悲劇以後から動きがとれなくなってしまっている状
態にあると考えざるを得ない。戦後の日本伝道の復興運動はこうして原宿の奇跡
の終焉と共に死に体になっている。よって私はこの反省文にとりあえず「墓標」
という名を冠して喪を弔いたい。日本の伝道が生き返って明日があるなら、原宿
の不信仰を悔い改めた後にあるか、目を聖書の神に転じて立ち返り、かつての
SDAの祝福の流れ出てきた所に謙遜に戻る時であろう。
(文中敬称略)

http://homepage3.nifty.com/newSDA/bohyo.htm
 
    (嵯峨野教会牧師) 岡藤が此れを読んで激怒したという歴史的証言の復刻です。(笑)  

原宿の墓標を再復刻  岡藤国平の堕落運営の証

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月15日(水)09時45分52秒
  http://257.teacup.com/newsda/bbs/4475  

信徒は犠牲者である

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月14日(火)20時26分24秒
  教会の霊的指導者に従うのは正しい事ですが、その特権的立場を利用して杜撰な日本教団の運営をしてきたのは、国平、岡藤以来のなれ合いと談合で腐敗したシステムです。
 

訃報

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月13日(月)19時20分5秒
  日本セブンスデーアドベンチスト教団の元安息日学校部長の津嘉山繁氏が亡くなられた。 81歳。  

石松長老のいい逃れの解剖

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月11日(土)21時56分25秒
  >681 :神も仏も名無しさん:2017/02/28(火) 03:58:04.70 ID:jxVTIYkQd[2/4]
  >>679
  >2016年の支給人数は7名。支給金額は260万円ですね(証し集第22集)。
  >そして、2015年10月1日~2016年9月30日の期間に学院に送金した金額が
  >5,656,170円ですね。これは、あくまでも学院に送金した金額であると
  >思考します。
この部分は信徒に配布された長老会文書からの抜き書き。
(配布文書のコピペであるから見るべき者は無い)

  >学院に送金した金額と、当該年度に神学生に奨学金として支給した金額
  >とは、必ずしも一致するわけではないと思います。
これは針小棒大の反対の棒大針小の詭弁。
(一致しなければ会計報告書の体をなさないのにこういう見え透いた言い訳をするのはどういうつもりか。10円20円の違いではなく、300万円の違いがあるのに、必ずしもいっちしないという説明で納得させられる訳が無いのだ。)

  >様々な共同体でも"次年度繰越金"というのがあると思います。それと同等
  >の性格を有するものであるとすれば、何ら問題はないものと思考します。
繰越金があれば増えるはずなんだが。
(繰越金は繰越金として記録されるはず。そんなどんぶり勘定でいいのか)

  >だいぶ昔は、篤い志を有した御仁ら(おもに長老)が、かなりの額のお金を
  >出しました。当時は預金金利が、かなりよかったので、その利子で奨学金
  >として賄うことができました。
林光彦を知らないとしらばくれていながら大昔の事を自分の経験のように騙っている。
(知らないと言ったのは嘘だと自分から他の箇所でカミングアウトしている。どこまで人を馬鹿にした輩であろうか。だれがこんな説明で納得するだろうか。昔の思い出話を聞いているのではない。今はどうなんだ、今は)

  >が、時は移り、今では、ほぼゼロ金利と言われるぐらいになりました。
  >当時の資金からの金利では、そのうち底をついてしまうという危機感が起
  >こり、今の100円募金制度に移行したという経緯があります。
「当時」っていつの昔のことか?
(金利で奨学金を維持できると思っていたのだろうか)

  >全国長老会としては、この奨学金の募金が、牧師養成に寄与し、伝道の働
  >きにつながることとして、長いこと続けているものです。
  >この趣旨を、よくお考えいただきたく思います。
(その趣旨に反対する者はいない。問題は学生に支給された額と、募金で集められて学院に送金された総額との過激な乖離である。それが説明されれば八方丸く収まるだろう。それが説明されないならば、批判の舌鋒はさらに激しく鋭くなるまでだ。)
 

ほんとうに余計な事だったのか

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月10日(金)19時56分15秒
  「老兵」氏の発言をもう一度良く読んでみますと、

  >685 :神も仏も名無しさん:2017/02/28(火) 17:25:29.81 ID:ulnT8k1fr[1/2]
  >>棒桿謝
  >あんたさ、書き方が献金してない人間なんだよ。余計なこと書くな唐変木
  >あんたの名前は唐変木こっちが良く似合っている。 WWWW
  >文句があるならお前三育学院の学長に電話して聞け!この腰抜け


「余計な事を書くな」と言っておられます。長老会の人が、「それ以上は聞く
な」といって逃げた証言と符合しています。つまり、300万円の内訳情報は学
院、教団、長老会トップにとって、非常に都合が悪い事である、ということを
示唆しているようです。ここはあきらめずに食い下がって答えを戴く必要があ
りますね。

なお、林の石松長老様によると、この発言には品格があるそうです。一応参考
までに。(笑)
 

本当に

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2017年 3月10日(金)19時25分53秒
  三百万円の差額はどこに吸い取られてしまったんでしょうかね。
行き先が公開されていないのは、控え目に言っても、社会に通用しません。
学院の責任者には公開の場で釈明をお願い申し上げます。
 
    (嵯峨野教会牧師) 長老会に問い合わせた人によりますと、300万円の差は認識しているという答えだったそうです。そこで、ではその内訳はどうなんですかと尋ねると、いや、それ以上は聞いて下さるなといって逃げられたそうです。ということは学院と長老会で裏でつるんでいる可能性があります。  

/84