スレッド一覧

  1. 暗渠(4366)
  2. 暗渠2(1262)
  3. 暗渠3(1003)
  4. SDA教会につまづいた人集まれ!(754)
  5. 再臨の前兆ニュース(731)
  6. 教会ロビー:雑談四方山話(454)
  7. 日本の医療伝道専用スレッド(363)
  8. 学校家庭共励会です(308)
  9. 安息日のディープな考察(296)
  10. 画像資材室(119)
  11. 嵯峨野教会記念写真館(60)
  12. 新共同訳聖書を笑い飛ばそう!(57)
  13. 心霊現象対策スレッド(46)
  14. 求道者専用スレッド(45)
  15. 荒野の四十日の聖句(40)
  16. 教会の音楽とは(34)
  17. 書評スレッド(21)
  18. 安息日学校教課(17)
  19. 教会の再建について(14)
スレッド一覧(全19)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:198/5839 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

三育高校の実態の証言

 投稿者:嵯峨野教会牧師  投稿日:2021年 6月 2日(水)00時23分22秒
  通報 編集済
  以下の文は嵯峨野教会に寄せられた広島三育の進路指導にまつわる安息日問題の実態です。

  1990年代の半ば、広島の三育学院高校でも、一応大学受験対策というのがあった
  そうです。ところが当時キリスト教系校の推薦とは、ほぼ全ての大学が土曜日に
  面接日が設定されており、校長、担任、学年主任、舎監、進路指導の教師一同が、
  「親孝行」を理由に土曜日に受験しろと聖徒に強要していたそうです。
  当時の教員達は、土曜日であろうと、親が求めているのだから、素直に現役で大
  学生になれと要求し。そうして進学した連中の多くが、後日、三育系の各種学校
  の校長・教頭、教団教育局の管理職などの昇進していきました。

  大学生当時に学生に安息日受験強要をしていた教員の一人が管理職となり、彼の
  いう事を聞かないで安息日に受験しないで大学に進学できた卒業生の教育実習は
  拒絶され、三育関係での就職も断られました。
  こうした三育高校の教員は、推薦入試で現役合格する方が安息日を守る事よりも
  人生において重要だと説いていたそうです。


【嵯峨野教会牧師の解説】
それはつまり、学院高校は学力が低くても大学に進学できるように道筋を作っていたという事ですね。しかも第七日安息日の証を犠牲にして。現役進学を強要したのも、自分たちの学生が浪人して良い学校に行ける見込みなど在るはずがないと見下していたからだろうと思います。


  ちなみにその人が安息日の面談を拒否して受験しなかった明治学院へ推薦入学で
  安息日に面接によって抜け駆け合格したのは、元学校長の娘と、三育やSDAと直
  接の雇用関係のないキリスト教系大学の教育学者の息子でした。更に付け加える
  と、このキリスト教系大学への推薦ですが、教団や三育関係の教職員・指導者の
  子弟らが推薦対象として選抜されるのに異常なほど、有利でした(成績を見てい
  るのか、疑問なほど)。勿論、安息日受験を子供には絶対にさせないと公言し、
  実践していた教職員も居はしましたが、極少数でした。


【嵯峨野教会牧師の解説】
それでは、広島三育に自分の子弟を送りたくなくなる信者が増えるのは当然です。一方同じころ田淵という教団責任者がロマリンダに来て説教をした時に、「SDA信徒は自分の息子娘をすべて三育高校に送る義務があるのだ」とほざいていました。それを聞いていた日本人信徒は思わず顔を見合わせました。成長して大人の判断力が育つ真っ最中の青年をそんな堕落した教師のいる真ん中に落として委ねたいと思うアドベンチスト信仰の親がどこにいるでしょうか。


  なおついでですが教会で居眠りする学生を靴で殴るような教職員が居たのですが、
  いざ自分の子供の受験となると、土曜日・日曜日の自由時間(学校による拘束時
  間外)に、学校のルールは勿論、当然安息日も無視して、広島や水戸の予備校ま
  で送迎して受験勉強をさせた上、センター試験を受験させて超有名かつ高偏差値
  の国立大学に進学させたのもいました。そして別の子は出来がそこまでおよろし
  くなくて、上記、キリスト教系大学へ推薦の抜け駆け進学させていました。


【嵯峨野教会牧師の解説】
広島三育高校が神の祝福を失ってクローズされるのも当然ですね。信仰で大和町の土地を祈りのうちに探し求めていった安居堅作氏が聞いたら、びっくりして火葬された灰の中から飛び出してきますよ!ww

 
    (嵯峨野教会牧師) 更に解説しますと、三育学院高校がキリスト教系の私立大学に三育高校卒業生の無試験による面接受け入れ枠を頼み込んで確保していたということがこれでわかります。それで三育や教団はSDAはカルトではないことを訴えるために終末論を骨抜きにし、セブンスデーを安息日が土曜日であること以外は何も他の日曜教会と違わないかのように体裁を作って日曜教会にすり寄ったたのではないか、また「日曜教会」という言葉も教会員に使わせないようにし、殊更SDAと日曜教会との違いを際立たせてキリスト教系私大と摩擦や誤解を生じさせないように姑息に腐心したのではないか、その結果三育高校のSDA教育の霊的質が下げられたものとみられます。

三育は、こうした一般私大に三育高校生の無試験・面接入学受け入れ枠を作ってもらうためにどれ程の寄付金をしたのか尋ねるのも恐ろしいですネ。

しかし、学生を靴で殴る教員がいる学校なんてサイテーです。旭川にいた時教会員の子供で三育から泣いて帰ってきた中学生がいましたが、こういう理由もあったのだろうと思います。山形にいた時も、三育の実態を知らないでバプテスマを受けたばかりの親子に三育を強く勧めて。希望を持って行ったのに、いじめられてかえってきたこともありました。わたくしももう少し早く気が付いていればよかったのに(自分自身が三育やロマリンダに行くまではわからなかった)申し訳ない事をしたと悔やまれます。古川君ごめん(涙)。
 
》記事一覧表示

新着順:198/5839 《前のページ | 次のページ》
/5839