スレッド一覧

  1. 暗渠(4366)
  2. 暗渠2(1443)
  3. 暗渠3(1049)
  4. SDA教会につまづいた人集まれ!(890)
  5. 再臨の前兆ニュース(869)
  6. 教会ロビー:雑談四方山話(510)
  7. 日本の医療伝道専用スレッド(472)
  8. 学校家庭共励会です(344)
  9. 安息日のディープな考察(304)
  10. 画像資材室(142)
  11. 新共同訳聖書を笑い飛ばそう!(60)
  12. 嵯峨野教会記念写真館(60)
  13. 心霊現象対策スレッド(47)
  14. 求道者専用スレッド(45)
  15. 教会の音楽とは(40)
  16. 荒野の四十日の聖句(40)
  17. 書評スレッド(21)
  18. 安息日学校教課(17)
  19. 教会の再建について(14)
スレッド一覧(全19)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:4387/6150 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ノーパンしゃぶしゃぶ再び! / 厚生労働省と宗教団体のスキャンダル発覚!!    

 投稿者:嵯峨野応援団  投稿日:2010年 7月11日(日)07時43分5秒
  通報
  ・・・などと、スポーツ紙の一面に記事が踊りそうな内容ですね。それにしても、以前の

SDA教団が安息日尊守にかける姿勢は毅然として見事なものだったのですね。もっとも、それ

を守る事が我々の根幹ですので、当たり前といえば当たり前ですが。原則に戻るのは、簡単

な事です。教団トップが意思決定すればよいのです。そして補佐役が実行すればよいだけの

話です。病院職員の安息日問題は、大きな課題ですが、米国などの例が参考になるのでは。

>~そういう事をしていたのが明るみに出ると、特定宗教に配慮したといってマスコミや野党

 の反キリスト教勢力から批判を受けることを恐れたのです。~

当時の病院の独断で厚生省の役人と折衝を持ったのですか?教団本体の幹部の了承は、当然

有ったのでしょうね。病院=教団でしたものね当時は。その慣習は、今現在も行われている

のでしょうか?厚生省の役人に受験の便宜をはかってもらうに当たっての謝礼といいますか

接待といいますか、まぁ「 そ で の し た 」贈賄はあったのか?これは、わたしの

バイアスのかかった見方ですが、普通だれが聞いてもそう考えるのではないでしょうか?

いずれにしろ、スキャンダルであることは間違いのない事実ですね。

いま日本は、参院選、消費税問題、大相撲問題、サッカーワールドカップとイベントが重な

り、マスコミに送付しても効果薄と見ますので、時期を伺いつつ実行してまいります。役所

は、一方の当事者であり、当然組織防衛のため問題の抹殺を試みるでしょうから、やりかた

を考えます。下手したら当時の政権与党にまで飛び火しかねない問題ですからね。政治では

共産党あたりがうってつけの通報先です。通報の推移は今後このbbs上では公開いたしま

せん。嵯峨野先生のバントライン・スペシャルから放たれたバレットを無駄にしたくない

為です。時間をかけてじわり、じわりと行動してまいります。なお今般の先生の記事は、

の本有数の政治、財界、法曹界の裏情報、スキャンダル暴露サイトにメールで通報済み

です。先生を支持いたします。皆さまもお声をあげてください。
 
    (牧師) Roger!  作戦の健闘を祈ります。
今振り返ってみれば、日本の教団はこのような姑息な安息日対策をするべきではなかったと思います。私が若くなく、もう少し力があればこのような恥知らずな安息日対策の欺瞞をやめさせてもっとまともな対案を用意して提案したでしょう。その対案はもちろん今でも私は持っています。ただ日本に帰って働くチャンスも信頼できる教団から尋ねられるチャンスもないので、そのまま暖めるままにしています。
この件で教団幹部がどんな活躍をしたのかは不明のままです。賄賂があったと推測するのは妥当ですが、あくまでも推測の域です。そもそも、レーガン共和党政権時代に、ある人が当時のドール副大統領に手紙を書いて日本のSDAが医師国家試験を受験できなくて困っている、日本には宗教自由がないという手紙を書いたので、その時ドール副大統領の指示により日本政府に圧力がかかり、その結果厚生省が渋々門戸を開けました。日本の宗教自由部というのは白石が責任者でしたが、この為に働いた形跡は皆無です。何であれ、これがきっかけで厚生省と衛生病院の水面下の交渉がはじまり、秘密・限定の特例措置が取られました。厚生省の役人は不愉快だったようです。今のオバマ民主党政権ではまず起こりえません。神が摂理で開かれた機会を秘密にせず公にしていれば社会的にインパクトのある証になったのに、姑息な隠蔽主義の下で医者と職員に信仰の自由の格差を放置してきたダブスタと偽善は弁解の余地がありません。
 
》記事一覧表示

新着順:4387/6150 《前のページ | 次のページ》
/6150