• [0]
  • 教会の再建について

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
 
任意の意見を募集

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL

  • [15]
  • (無題)

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 2月28日(日)02時08分9秒
 
George Knight Succumbs to Wilson Derangement Syndrome
August 31, 2018 NewsHound
A well-known American socio-political phenomenon is that when a Republican president is in office, many of his Leftist critics, in their partisan attacks, tend to lose all sense of proportion, moderation, restraint and finally even sanity.  This phenomenon was given the name “Bush Derangement Syndrome” (BDS) during the administration of the younger President Bush.

crazy_man.jpg
Trump Derangement Syndrome (TDS) is BDS turned up to 11, then doubled, and then multiplied by a factor of ten.  It ought to be possible?indeed, it really should be customary?to discuss public policy differences in a calm, rational manner, but President Trump’s critics scream that he is a racist, call him a new Hitler, and accuse him of treason.  Entire cable “news” networks are devoted to a constant stream of this type of invective.  In short, President Trump’s critics have become deranged.

The Seventh-day Adventist Church has produced a similar derangement syndrome in the reaction of our liberals to the presidency of Elder Ted Wilson.  This illness emanates from two chief loci, the journals “Spectrum” and “AToday.”  Writers for those blogs can scarcely mention the world church, the General Conference, or Elder Wilson without making comparisons to the papacy or to the Nazis, or both.

One of the victims of Wilson Derangement Syndrome (WDS)?who likes to compare Elder Wilson both to Hitler and to the pope?is George R. Knight, the failed Adventist pastor who reinvented himself as a scholar of Adventist history, and eventually as a pundit of all things Adventist.

In a recent column at Spectrum entitled “Adventism’s Shocking Fulfillment of Prophecy”, Knight asserts that the Beast John describes in Revelation 13 finds its fulfillment not in the papacy, but rather in the General Conference under the administration of Ted Wilson:

"For over 150 years the Seventh-day Adventist Church has faithfully preached the message of Revelation 13 that near the end of time ‘all the world marveled and followed the beast,’ who had recovered from the deadly wound (13:3, NKJV). And at the heart of the Adventist concern was verse 7’s prophecy that the beast would ‘make war with the saints’ and ‘overcome them.’"

“What was not predicted by the Adventist evangelists was that the General Conference leadership would be joining the beast in its eschatological crusade, with the denomination’s president leading the charge."

So according to George Knight, Elder Wilson is the beast of Revelation 13 who makes war on the saints and overcomes them.  Is that deranged enough for you?

Why has Knight worked himself up into an apocalyptic lather?  Well, it turns out that the General Conference Administrative Committee (ADCOM) recently voted to create five committees tasked with making recommendations regarding compliance with church policies and doctrines.  Oh, the humanity!  The horror!  Pope Wilson II has revived the inquisition:

". . . I decided to look up the Catholic Dictionary’s definition of “inquisition.” I discovered that it was ‘the special court or tribunal appointed by the Catholic Church to discover and suppress heresy and to punish heretics.’ Once again, the current leader of Adventism [Elder Wilson] is right on track. But, I must say, it is a wonder to me that a person who loves The Great Controversy so much could take the path he is creating."

So Elder Wilson has reinstated the inquisition, presumably to be staffed by some new Torquemada to oversee the torture.  Is that deranged enough for you?

Knight writes that last year he was “falsely accused of calling the General Conference President Hitler, which resulted in the Michigan Conference president banning my books from the Adventist Book Centers under his control.”  In fact, ChurchMouse correctly accused Knight of comparing the GC president to the Nazis, and by extension to Hitler.  ChurchMouse accurately reported that Knight had written:

"The so-called nonconforming unions must stand together, come into line with General Conference demands, or go down one by one. Martin Niemöller, a leading German Protestant pastor during World War II, has written a thoughtful piece: ‘First they [the Nazis] came for the Socialists, and I did not speak out?because I was not a Socialist. Then they came for the Trade Unionists, and I didn’t speak out?because I was not a Trade Unionist. Then they came for the Jews, and I didn’t speak out?because I was not a Jew. Then they came for me?and there was no one left to speak out.’"

In case you slept through the history of the 20th Century, the ”they” in Niemöller’s famous quote are the Nazis.  Knight could easily have made the same point using Franklin’s line: “We must, indeed, all hang together, or most assuredly we shall all hang separately.”  But then he would merely have been comparing Elder Wilson to the 18th Century British, who weren’t nearly evil enough for that comparison.

Comparing Elder Wilson to Nazis or to Hitler seems to be an uncontrollable compulsion among those suffering from Wilson Derangement Syndrome.  As if to cement that point, Knight does it again in his current article:

"When challenged in public on that point, the president [Ted Wilson] replied before a televised audience that ‘that is how democracy works.’ If all of the tactics used by the GC president to obtain [the failed vote on discipline at last year’s Annual Council] were put on the table, the statement would have to be revised to read ‘that is how democracy worked in Germany in the 1930s.’"

. . . during the Nazi era. Hitler, again. Apparently, comparing Wilson to Hitler is just part of the disease process those suffering from WDS are powerless to resist.

Let’s leave the asylum and return to the land of the sane.  Three years ago, the General Conference in world session voted for the third time not to ordain women.  In the intervening three years, several unions have defied that vote and continue to ordain women and place women in leadership positions such as the office of conference president.  They’ve raised the middle finger to the world church and nullified its vote.  If the General Conference does not enforce the San Antonio vote, the mechanism of world church governance is mortally wounded.  The viability of the SDA Church as a global organization governed by a worldwide constituency depends upon enforcing the San Antonio vote.  It is as simple and as crucial as that.

But all attempts to enforce the world church's decision have been met with utterly unhinged hysteria from the Adventist Left.  The George Knights of the church have shouted down all of Elder Wilson’s attempts at discipline, calling any such attempt Nazism and a new inquisition.  By taking this tack, the Adventist Left are effectively arguing that GC session votes should be a nullity, and hence arguing for the end of the Seventh-day Adventist Church as a cohesive global organization.  But folks like George Knight are so invested in the agenda of female headship that they cannot understand or appreciate what they’re doing.

Knight represents the overwhelming majority of developed-world SDA Church leadership.  Dan Jackson and his merry band of union presidents are blowing up the machinery of world church government in the hope that, after they’ve prevailed on female ordination and feminized the Adventist pastorate, they’ll somehow be able to re-assemble the scattered fragments and once again have a cohesive world church.

In my opinion, George Knight, in his derangement, is totally misreading what Elder Wilson is doing.  By forming these five committees, Wilson is surrendering.  He realizes that he has lost the battle on discipline and is looking for a way to retreat without appearing to have given up altogether.  The time-honored procedure to make something go away is to refer it to a committee.  Let’s be clear: no effective discipline of anyone about anything will ever emerge from any of those committees.  They’ve been designed and populated with the goal of burying the possibility of meaningful discipline.

For example, the committee on ordination compliance includes Janet Page, Jerry Page, Michael Ryan, Galina Stele, and lawyer Karnik Doukmetzian, all of whom favor female ordination.  How is that committee supposed to reach a consensus about disciplining unions that ordain women?  Answer: it’s not supposed to, and it won’t.

If poor George Knight could awaken from his fever-dream of goose-stepping Nazis and fish-head mitred popes, he might cotton to what is really happening.  What Knight and the Adventist Left do not understand is that by hysterically caterwauling at any and every move that bears even the theoretical possibility of a reproof of those defying the San Antonio vote, they are preventing Elder Wilson from accomplishing a face-saving retreat, a peace with honor.

Elder Wilson will not be able to stop the behavior of the unions defying the San Antonio vote, but he must achieve some official disapproval of it in order to claim that the SDA church is still a worldwide organization governed by GC Session votes.  The Adventist Left should be helping him push through some face-saving token discipline.  Instead, they’ve adopted a take-no-prisoners approach that ensures that this controversy cannot go away, but must remain front-and-center in the church for the foreseeable future.  This is a tactical mistake on their part.

I hope it comes back to bite them.

  • [14]
  • 予定

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2020年 9月 1日(火)12時16分51秒
 
このサブスレッドは間もなく閉じて、内容の一部は暗渠と統合します。

  • [12]
  • 教会の清めは

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2018年 4月18日(水)15時20分39秒
 
やはり炎が必要です。

  • [11]
  • 嵯峨野教会牧師の耳の後ろの声

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2016年10月 8日(土)12時24分2秒
 
マタイ25:1を読みなさい、と言われました。
嵯峨野教会は油です。これで教団をねじ伏せます。
徹底的に油を絞り出します。お祈り下さい。

  • [10]
  • 村上氏講義への感想

  • 投稿者:嵯峨野教会祭司
  • 投稿日:2014年10月 6日(月)23時03分45秒
 
1996年8月 東日本教区牧師会 村上氏講義への感想
* 講義の4つの個人的結論について
A 「ホワイトを教理の根拠として用いない」
 教理をどの範囲までとしておられるか明確ではありませんが、「信仰の大要」とするなら、そのようなことはかつてもなかったし、これからもないというのがSDAの立場だと思います。なぜ、ことさらこのようなことを言われるのか、真意をはかりかねました。
 それ以外の聖書の理解についてであるなら、例えば、聖書に直接書かれていない、天におけるサタンの反逆の光景や、天地創造のいわれ、キリストの幼年時代のことなどは、神の霊感による信頼できる教えとして、私達は大いにこれを受け入れるべきではないでしょうか。聖書に書かれていないこれらの記述は、釈義では扱えず、後は、空想か伝説によるほかはありませんから、聖書をよりよく理解する教えとして、感謝して受け入れるのがSDAの立場ではないかと思いました。
 また、最近、証の書は釈義ではない(あるいは釈義は弱い)というようなことが言われますが、では、釈義とは何でしょうか。それは、聖書を逐語霊感と受け止めなければ成立しない学問であり、心の清さではなく、人間の理性によって聖書を解釈することに他ならないと思います。しかも、その解釈をする学問的で理性的な人たちは、それゆえに、進化論を受け入れ、奇跡を信じていない人々が多いと聞きます。このような、限りある人間の理性を第一とする人による学問は、聖霊によらないので、人を真の悔い改めと新生に導かないものではないでしょうか。
 さらに、聖書の事実は一つしかないはずなのに、人間の解釈であるゆえに学者によって多くの見解があり、混乱しているのも学問の世界の現状です。SDAはこの世の釈義よりも、すべての事実を知っておられる神の霊感の書物である、証の書を信頼していくほうがはるかに健全であると思います。

B、「レムナントコンプレックスからの脱却」について
1、他を否定して自分たちの独自性を打ち出す
 他を否定するのは、「教え」であって「人」ではないことを確認しておく必要があります。その上で、何が聖書的で真理であるかは明確にしていかなければならないと思います。そうでなければ、モルモンでも、統一協会でも、何でも良いということになってしまいます。

2、「唯一の」でなく「多くの中の一つ」
 救われる信仰を、単に「頭でキリストを信じること」「知的同意」とするなら、安息日を守らず、日曜礼拝を続けていても救われるでしょうが、「キリストを信じれば神に服従する義務はないという、いわゆる信仰は憶測である」(キリストへの道76頁)と言われているように、キリストによる救いは、当然神の戒めへの服従をもたらします。そこから、「安息日は救いのしるし」(試用版SDA讃美歌16番)という言い方が出てくるのであり、他の戒めと同様に、安息日を知りつつ犯し続ける者に救いはないのではないでしょうか。故意に安息日を無視し続ける多くの日曜教会は、最終的に不服従の罪に問われるのではないでしょうか。
 結局、マホメット教や仏教(の教え)に救いがあるのではなく、キリスト教に、また、統一協会や物見の塔に救いがあるのではなくSDAに、日曜日ではなく安息日に真理があるからSDAになるのであり、「唯一」になるのではないでしょうか。

3、他を認めてはじめて認められる
 この場合、他から認められることが最初にくるべきでしょうか。初代教会においては、彼らがキリストにある真実で力強い生き方をした結果として、多くの人に好意を持たれて認められていったのです。そのころの教会の教えは、「この人による以外に救いはない」という明確なものであり、ローマ多神教やユダヤ教を認めて融和をはかるようなものではなかったはずです。他教派神学校で博士号を受けた人にとっては、他教派を認め、他教派から認められることは大切でしょうが、今日はほめても明日はけなすような、頼りにならない人間の評価を気にするより、神様に評価していただけるよう、真理に忠実であることを、まず第一に努めるべきではないかと思います。
 また、たとえば太平洋戦争中に、ほとんどの日曜教会が国家に迎合した歴史などを思えば、そのような教会から認められることが、真にSDAにとって神様に喜ばれることとなるのでしょうか。

C、<実証的研究、健全な聖書解釈>にもとづく<バランスのとれた人を生かす>積極的メッセージ
 ホワイト夫人の著書はまさにその通りのメッセージですが、証の書は、高慢な心や、自己義認の心を持っていては読めないものです。聖書に向かう時と同じように、謙虚、無心で服従する心でなければ、誤解や偏見が生じやすいのも事実です。心して読みたいものです。
 それから、<人を生かす>という点で補足するなら、人が真に生かされるためにはその人の罪が取り去られなければならないと思います。預言者は、しばしば罪の譴責者でした。そして預言者の譴責を受け入れ、罪を悔い改めた人々は、真に生き、救われたのですが、譴責や勧告を拒否し、耳ざわりのよい教えを受け入れた人々は、罪を捨てることなく滅びてしまいました。証の書の勧告や譴責を自分の問題として受け止め、謙遜に実行していくなら、人びとは真に生きることができると信じます。

D、SDA型マインドコントロールからの解放
1、終末の切迫
 終末を個人の死ととっても、人はどれほど真剣に、今、キリストに会う備えをしなければならないかを思います。まして、これほど終末のしるしが全世界に見られるのに、何もしなくてよい、というのでしょうか。片寄った教え方はもちろんよくありませんが、それ以上に、再臨の近いことと、その備えの大切さを伝えないのは、もっとよくないことではないでしょうか。これでは、「わたしはすぐに来る」と言われるキリストに、何とお答すればよいか分からなくなってしまいます。「もしクリスチャンが生命のはかなさを知り、または、キリスト再臨がまさに起ころうとしていることを知ったならば、ますます熱心になって献身しようとしないものはあるまい」(『人類のあけぼの』上巻81頁)
 また、たとえキリストにお会いする喜びで満ちて語ったとしても、再臨のメッセージは、人を救いか滅びかに分離するものであり、信じない者にとっては恐怖以外の何ものでもありません。そのような人々の恐怖心を薄めるために、終末の切迫を言わないでおくというのでしょうか。

2、現代の預言者(とは呼ばない)
 では、何と呼べばよいのでしょうか。私たちは、ホワイト夫人の著書を、終末時代の残りの民のしるし、預言の霊と信じてきたのであり、現代の預言者として受け止めるべきではないでしょうか。
 しばらく前、ある若い牧師が、「証の書は100年以上前のものだから現代には通用しない」と発言したと聞きましたが、では、聖書は二千年以上前のもので、もっと古いのですから、現代には通用しないということになるのでしょうか。
 また、今回の講義では、証の書には他の書物からの引用があることが、具体例を挙げて説明されました。そのことから、ホワイト夫人を、現代の預言者と言わないという発言が出てきたようですが、実は、聖書自体も、ルカは資料を用いたことを認めています。問題は資料を用いたかどうかではなく、証の書の内容が、聖書の教えと違うかどうかであって、そうでなければ、より良い表現のために資料を引用することは何らさしつかえないし、証の書の霊感を否定するものではないと思います。(もちろん現代では、必ず出典を明記しなければなりませんが)

3、大争闘
 『各時代の大争闘』の翻訳者とは思えない発言でした。私たちは、「人生は練兵場ではなく戦場である」と言われたホワイト夫人の言葉を思い起こすべきだと思います。人の心の中は常に善悪の大争闘であり、毎日私たちは、自己の為に生きるのか、神に従うかの決断を迫られ、その選択の積み重ねが自分の永遠の運命を決定するのだと思います。最後の裁きの日にも、また、今この瞬間も、人は、救いか滅びかのどちらかしかありません。この厳粛な事実から目をそらして、緊張感もなく、熱くも冷たくもない、ラオデキヤ状態になることをすすめておられるのでしょうか。

まとめとして
 今回の村上氏の講義の4つの結論は、どれをとっても心から「アーメン」と言えるものではありませんでした。村上氏の研究は、まるで、汚れを落とそうとして力を込め過ぎ、シャツそのものを台無しにしてしまった洗濯屋のような印象を受けました。SDAの過去に、あるいは行き過ぎた発言や行動をとった人があったかもしれません。しかし、その誤りを是正するのに熱心なあまり、SDAの土台そのものを崩しかねないという印象を受けました。もちろんSDAの土台は、このような発言で崩れるようなものではありませんが、今回の研究会で村上氏への反論は、ほとんど出ませんでした。私にはこれはたいへん不思議に思えました。村上氏の研究は、あくまでも一つの意見ですから、自由に批判、討議すべきなのに、私たちは、何か、学問コンプレックス、博士号マインドコントロールに陥っていて、言うべきことも言えないでいるような思いがしました。それでは健全な、人を生かす精神は育たないと思われますので、浅学を顧みず、あえて感想を述べさせていただきました。ご批判、ご意見を頂ければ幸いです。

                山本 不二樹



  • [8]
  • 癌の発生源

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師メール
  • 投稿日:2010年 9月 2日(木)19時54分24秒
 
結局、白石たちがメガチャーチのコミットメントをしていた理由は、メガチャーチの出版物の版権を高額で教団の金で買い取っていたからだったということが判明しました。そんなつまらないものを買ったというところに彼らの聖書理解の貧困さが言い訳出来ないほど現れています。教団のリセット、エキュメニズムの追放、(カトリックとの)新共同訳の廃棄にご協力とご理解を願います。

  • [7]
  • 白石はメガチャーチから版権を買っていた

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師メール
  • 投稿日:2010年 9月 1日(水)10時01分42秒
 
嵯峨野教会理事会掲示板にも発表しましたが一応こちらにも情報の分配に万全を期すために簡単に要点だけ書いておきます。日本のSDA教団は証の文の出版規模を大幅縮小し、大争闘や各時代の希望、青年への使命は廃刊にしています。それなのにウィロークリークなどのメガチャーチの出版物をありがたがって、彼らの集会に自分の教会員を巻き込もうとしてきました。これは教会に対する背任行為であると教会内の良識的霊的信者から指摘されていますが白石ら教団偽指導者一味は聞き入れませんでした。証の文よりもメガチャーチのほうが教会にすぐ必要だという妄想に取り付かれているのでしょうか。そういう理由もあると思います。しかし、わかったことは白石は教会の資産を横流ししてメガチャーチの書籍の日本での版権を買い取っていたのです。そしてセブンスデーアドベンチストの福音者を預言の霊の言葉の出版所であったものを日本のメガチャーチの日本語資料の出版所にしようとしていたのです。白石は、自分をメガチャーチ運動のリーダーとして認めてもらう野望を持っています。SDAをメガチャーチとエキュメニズムを支援する団体に改造して神の出版事業を世俗宗教団体の下請け企業にして自分の実績にしようとしていました。隠されていた悪は必ず表に表れるという聖書の言葉がここにも字義通り生きているのです。白石に反対して彼らの教団指導者としての今までの働きを全否定し、教会に与えてきた損害の落とし前をつけさせましょう。

  • [6]
  • グローバルリーダーシップサミット

  • 投稿者:求め続ける者
  • 投稿日:2010年 7月31日(土)23時07分49秒
 
今年も11月2日に日本で開催予定のグローバルリーダーシップサミットは、世界総会総理が名指しで関わりを持たないようにと訴えているメガチャーチ関連の活動に当てはまると思うのですが、教団はどうするつもりなのでしょうか。世界総会総理のメッセージに背いてでも開催するつもりなのでしょうか。これからの教団の方向性が見えてくるイベントとなるでしょう。地方教会には既に申し込み書とパンフレットが届いています。勿論 Willow creek の名前が入っていますので、今更メガチャーチと無関係を装うこともできませんよね。教会再生の第一歩は悔い改めることです。牧師や教会のリーダーである前にクリスチャンであることです。彼らの問題は霊的視野を持っていないことだと思います。全ての決断は極めて人間的であり、自己に死に霊に生きる者としての言動が見受けられません。

力強い世界総会総理が与えられたことを神様に感謝します。これを機に日本教団指導部の総入れ替えが起こることを熱心に祈りたいと思います。NSD支部のリー総理が再任されたのも、彼がやり残した仕事(日本教団改革)があるために、神様が彼を再任させて下さったものと勝手に理解し、また彼のサポート役に日本人の鈴木先生がまたまた再任されたのも神様の導きであると強く感じております。彼らNSD指導部の活躍を期待し神様の導きをお祈り致します。

SDA教会の皆さん、声を出して下さい。意見を述べて下さい。黙ってここを読んでいるだけで良いのですか。せめて「○○さんの意見に同意します」とか、「賛成です」くらい、一行で良いので書き込んで下さい。意思表示をしましょう主のために。
牧師
したたか者の白石たちは今年もまたこの教会をあのような他教会の行事に参加させるつもりなのですか。個人的な関心で個人で参加するのは妨げられるものではありませんが、セブンスデーアドベンチスト教団代表として出席するなら話は全く違います。それはSDA組織の方針に反する逸脱行為として批判されるべきものです。この教会をエキュメニズムに導こうとする指導者はこの教会から手を引いていただきましょう。聖書と証の文の原則に立ち返り、あらゆる方法を用いてグローバルサミット参加を阻止するために教会員の結束をお願いします。嵯峨野教会は私の出来る範囲のことを最大限に行ってみなさんのお手伝いをしたいと思います。

  • [5]
  • 日本の指導者の問題

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師メール
  • 投稿日:2010年 6月 8日(火)09時58分18秒
 
世界総会のアジアの下部機関であるNSDは既にある程度日本の教団指導者の奇行奔放な行為、原則からの逸脱、信徒に対する欺瞞行為に気が付き始めています。今までは日本をオコヒラ時代からの伝道の先輩として敬意を表していましたが、戦後の国平総理の時代から堕落して流れが変わってきました。今は日本の教会から学ぶものは何もないといわれるところまで変質してしまっています。おっしゃるように、この教団の指導者が一人でも生き残ることによっては日本のSDA伝道は滅んでしまいます。今の日本の教会の問題は、リベラル一辺倒、証の文の軽視、世俗化、職員化した末端の保身、につきます。NSDは世界総会に対して、日本では信徒と教団執行部の間に抜き差しならない深刻な対立と不信があると既に報告しています。それに気が付いて信徒の側でも我々の教会が今どうなっているのか、われわれのSDA終末、安息日、戒めの回復の使命はどうなっているのかを問い直す声を高く大きく上げて欲しいと思います。今のままではSDAは他の日曜日の教会と何の違いもないイベント依存の教会になって骨抜きにされてしまいます。そうならないように警告のメッセージを受け入れて聖書と証の文に立ち返ってもらいたいと思います。

  • [4]
  • これからの日本SDA

  • 投稿者:Good Speed
  • 投稿日:2010年 6月 5日(土)22時54分8秒
 
この嵯峨野教会の働きによって日本のSDA教団が新しいスタートを切ることができることを祈ります。その上で一番重要なのは、世界総会で日本のSDAの指導者たちを告発する事でしょう。本部を動かさなければ何も始まりません。

現に、日本の教団は白石と山地、そして彼らを取り巻くYESMENばかりで、意見に従わない人には刑罰を与える独裁主義です。そんな人間たちに面と向かって対決しても何も進展があるわけがありません。

私は教団に文句を言ったとき無視されました。誰も意見を聞いてくれなかったです。所詮、そんなものなのです。彼らにとって信仰とか正義とかどうでもいいのです。献金を徴収して給料をもらえたらそれでいいのです。

よって、嵯峨野教会牧師同様、一度この教団が潰れて、アメリカから指導者を呼び、一から始めるのを切に願います。そのためには教団が実質的に自己破産することがターニングポイントになるでしょう。減り続ける献金、旧三育学院の維持費、無駄な経費、衛生病院問題、すべての金銭的トラブルが、やがて自分で自分の首を絞める時が来る事は目に見えています。

我々にできる事は、この教団の実態をより多くの人々に伝え、皆さんの目を開く事です。教団の口車に乗ってはいけません。指導者を100%信じた時、我々の思考力はなくなります。それはマインドコントロールと同じです。我々は神を100%信じなくてはなりません。人間を信じてはいけないのです。

  • [3]
  • 自己責任を強調します

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師メール
  • 投稿日:2010年 5月29日(土)23時24分29秒
 
ある方からの他教会との関係についての質問がありました。非常に良い質問なの
で、読者の皆さんにも考えていただく価値があるものとして発信者のIDを削除し
た上で内容を公開します。このような事が皆さんの教会で起こったときはどのよう
に対応をしてこられましたか。嵯峨野教会はすべての信徒にはSDAであることの毅然
とした自覚を要請したいと思います。




FW: 教えてください‏
差出人:  Hasegawa Hisanori (hisanori_hasegawa@hotmail.com)
送信日時: 2010年5月26日 22:56:07
宛先:  xxxxxx@yahoo.co.jp

前略
下の答えで納得いただけましたか。良いご質問を感謝いたします。
ところで同じような質問をされる方々がおられますので、
あなた様の名前とメールアドレスを除去した上で嵯峨野教会に参考として貼り出したいと思います。
そういうことを疑問に思っている人が必ずいると思います。
またその答えを読んで益を受ける人もいると思います。
どうぞよろしくご理解下さい。

嵯峨野教会牧師
長谷川寿紀

--------------------------------------------------------------------------------
From: hisanori_hasegawa@hotmail.com
To: xxxxx@yahoo.co.jp
Subject: RE: 教えてください
Date: Sat, 22 May 2010 04:51:42 -0400
拝復
近隣の教会の音楽会に自分の音楽の技術を磨くために参加することの是非を
お尋ねになっておられるのですか。それをあなたの教会の牧師にお尋ねにな
りOKだったものが、牧師が教会理事会が承認してくれなかったからNOと返事
をしてきたからどうしたらいいかというご質問でしょうか。
もしあなたが純然たる音楽技術の向上の機会のために参加したいと思ってお
られるなら、あなた個人の自己責任で参加すればよい事であると思います。
牧師にも教会理事会にいちいち承認を求めるべき事とは思われません。
しかし、あなたがその他教会の音楽会に行っていることを、教会のほかの人
に言って誘ったり連れてゆくと、あなたの意思と無関係な人を他の教会の伝
道活動に不注意に参加を唆すことになります。それが問題視されたのだろう
と思います。
この答えで疑問がありましたら、また質問してください。

嵯峨野教会牧師


--------------------------------------------------------------------------------
Date: Fri, 21 May 2010 11:09:55 +0900
From: xxxxx@yahoo.co.jp
Subject: 教えてください
To: hisanori_hasegawa@hotmail.com

 牧師さま

 日本のSDA教会のことが詳しくわかりませんので、教えてください。
 信者となりまして、それほど年月は経過しておりません。
 近隣の教会ではいろんな催しがあり、そこでみなが歌ったり演奏したりしております。
 そこで私も演奏もみんなとしてもよろしいでしょうか?とお願いしますと牧師は承諾してくれました。
 私は腕を磨くために、他の教会(聖公会)で楽器を貸していただき、練習しました。
 しかし、ある日牧師からお断りのメールがきました。
 演奏する人たちの理念からであり、理事会が強くて私にはどうにもならない、というのです。
 SDA教会とはそういうところだったのでしょうか?

 聖公会は信者であろうが、関係ない人にもいろいろ楽器を貸してくれます。

  • [2]
  • 教会の礼拝、説教の実態についてのアンケート

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師メール
  • 投稿日:2010年 3月 7日(日)11時33分5秒
 
久しぶりに嵯峨野教会では日本の教会の皆さん、嵯峨野教会理事会を気を張り詰め
てご覧になっている教会員の皆さんからアンケートを取りたいと思います。応募資
格は現在SDA教会員であることです。嵯峨野教会に対して好意的であるか否定的であ
るかは問いません。下の質問にお答えください。答えはここに書いてもいいですが、
それよりも私のメール宛にお送りください。個人の情報は法律により保護されます。


1 あなたの年齢はおいくつでしょうか。

2 洗礼を受けた年はいつですか

3 教会に継続的(出席率50%以上)に出席しておられますか?

4 礼拝の内容に戸惑うことはありませんか。
  あればその理由をお書きください。

5 聖書研究会(安息日学校も含む)の教えるの内容に戸惑うことはありませんか。
  あればその理由をお書きください。

6 エレンGホワイトの各時代の希望を読んだ事がありますか (はい、いいえ)
  エレンGホワイトの各時代の大争闘を読んだ事がありますか (はい、いいえ)
  エレンGホワイトのキリストの道を読んだ事がありますか (はい、いいえ)
  エレンGホワイトの青年への使命を読んだ事がありますか (はい、いいえ)
  エレンGホワイトの著作を読んだ事がありますか (はい、いいえ)

7 アンケートに対する感想、要望をお書きくださいませんか。



  • [1]
  • 場外スペースとします

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師メール
  • 投稿日:2009年 4月24日(金)11時09分24秒
 
とりあえず開いておきます。
教会の再建のためには膿も出さねばなりません。