• [0]
  • 教会ロビー:雑談四方山話

  • 投稿者:管理者
 
ここは教会の理事会に書くほどの事ではないが教会に無関係ともいえない面白い雑談を承ります。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL

  • [501]
  • 日曜教会の人がさらに詳しい顛末を調べてくれました。

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月25日(月)19時21分49秒
 
神の言葉を NASA が証明 科学者の皆さんと、聖書の真実を信じられないという人たちを説得するのに苦労している全ての人へ……。これは、神の偉大な創造の証拠となり、神が今も支配しているという事を示すものです。 メリーランド州バルチモアにある Curtis Engine Company の社長、Harold Hill 氏は、宇宙計画のコンサルタントでもありますが、次のような出来事を語ってくれました。メリーランド州グリーンベルト(訳注:NASA ゴダード宇宙飛行センターの所在地)の宇宙飛行士たちと宇宙科学者たちに、神が示す最も驚異的な事が起こったようです。 NASA の科学者達は、宇宙での太陽・月・惑星の位置が100年後あるいは1000年後にどうなっているか、を調べていました。この情報は、人工衛星を打ち上げた後、その軌道上にある何かにぶつかったりしないかを知るために必要なのです。人工衛星の寿命が尽きるまでの間に惑星がどこにあるかがわかれば、失敗を防ぐことができます。 彼らはコンピューターのタイムスケールを一世紀単位で前後させていましたが、ある所で進まなくなりました。コンピューターは停止し、赤信号を表示しています。これは、入力された情報か計算結果のどちらかが間違っているという事です。彼らはサービス部門に連絡を取ってチェックしてもらいましたが、サービス部門の返事は「どこが悪いの?」でした。 彼らは、測定範囲の中にあるどこかの時点で一日が消えている事を見つけたのです。彼らは頭を抱え、髪の毛をかきむしりました。何度も繰り返し解答を探しましたが、何日もの間、答えは見つかりませんでした。 太陽が止まった ついに、チームの中のクリスチャンの男が言いました。「なあ、日曜学校で太陽が止まった話を聞いたことがあるんだが」。他のメンバーは彼を信じたわけではありませんでしたが、いずれにせよ他に答えがあるわけでもなく、彼らは「見せてみろ」と言いました。 彼は聖書を持っており、ヨシュア記にたどりつきました。そこには「常識」では考えられない記述がありました。神はヨシュアに「恐れることはない。すでに打ち負かしたも同然だ。彼らを滅ぼすため、おまえの手に渡した。一人としておまえに立ち向かえる者はいない」と言っています。ヨシュアが敵に取り囲まれた時、暗闇が来れば敵を打ち負かせるという状況になりました。ヨシュアは神に太陽を止めてくれと頼んだのです! そうです――「太陽が止まり、月も動かず、一日中そのままだった!」宇宙飛行士と科学者たちは言いました。「これが失われた一日だ!」 彼らは、この文書が書かれた時代にコンピューターを戻して確認しました。その結果、かなり近いことはわかりましたが、充分ではありませんでした。ヨシュアの時代に失われた時間は、23時間と20分であり、丸一日ではなかったのです。聖書には「二十四時間ほど」と書いてありました。 聖書のこういった細かい記述は重要ですが、トラブルが解決したわけではありません。40分の誤差が解決しない限り、1000年後に何かが起こるかもしれません。誤差が軌道上で何倍にもなりうるので、40分を見つけなければならないのです。 クリスチャンの職員がもう一度考え、聖書のどこかに太陽が逆行したという記述があったのを思い出しました。科学者たちは、正気じゃないと言いましたが、再び聖書を確認し、列王記第二を読みました。 ヒゼキヤ王が死の床についていたとき、預言者イザヤが彼は死なない、と告げました。ヒゼキヤ王は証拠を求めました。イザヤは「日時計の上の影を十度進ませましょうか」と言いました。ヒゼキヤ王は「影は進むと決まっているから、十度引き戻すほうにしてもらいたい」と言いました。イザヤは神に祈り、神は影を十度引き戻したのです! そう、日時計の十度は、ちょうど40分なのです! ヨシュア記で23時間と20分、そして列王記第二で40分。足すと宇宙で失われた一日になります! 不思議ではありませんか? 神とその言葉は真実なのです! 参照:ヨシュア記10章8節と12~13節、列王記第二20章9~11節。

  • [500]
  • 失われた40分

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月23日(土)18時46分32秒
 
1960年代に人類を月に到達させる計画が始まりました。
ケネディー大統領がNASAに命じました。
メリーランド州グリーンベルト市ゴダート航空宇宙センターでの出来事です。
太陽、月、その他の惑星を綿密に調べ上げました。
過去の運行軌道を水星に至るまで調べました。
しかしある時点でコンピューターが止まってしまいました。
しかしコンピューターは壊れてなかったのです。
コンピューターが過去に1日失われた日があると出たのです。
科学者はお手上げ状態でした。
一人のクリスチャンの科学者が聖書の記述を思い出しました。
ヨシュアの時代にさかのぼって調べました。
「ヨシュアは神に太陽を止めて下さい」と頼みました。
すると太陽は静止し月もとどまり太陽は天の中ほどにとどまった。(ヨシュア記10章12節~13節)
彼らは、この文書が書かれた時代にコンピューターを戻して確認しました。その結果、かなり近いことはわかりましたが、充分ではありませんでした。
ヨシュアの時代に失われた時間は、23時間と20分であり、丸一日ではなかったのです。
聖書には「24時間ほど」と書いてありました。
でもこれでトラブルがすべて解決したわけではありません。
40分の誤差が解決しない限り、1000年後に何かが起こるかもしれません。誤差が軌道上で何倍にもなりうるので、40分を見つけなければならないのです。



あと40分足りないことが分かりました。
科学者たちは、正気じゃないと言いましたが、再び聖書を確認し、列王記第二を読みました。
(列王記第二20章9節~11節)にあるようにヒゼキヤは病気になって死にかかっていました。
医者もお手上げ状態でした。
その時、主のことばがイザヤに臨みました。
神様がこの病気を治してさらに15年生きられると言いました。
その証拠として日時計が十度進むか十度戻るか選びなさいと神様が言いました。
そして「十度戻すように」頼みました。
ヒゼキヤの日時計十度は40分です。
40分間神様が戻したのです。

アメリカのエール大学のタットン教授は「ヨシュアの長い日」という論文を書きました。
まさに歴史的事実であることを証明する論文になりました。
2つの超自然的出来事(太陽停止と引き戻された40分)は真実である。
この2つの出来事を足すとちょうど24時間になりました。
太陽は静止し月も動かず1日中そのままだった。
それを入れ直したらコンピューターが動き出したのです。
コンピューターに歴史の真実を打ち込んだら変えられない真実の歴史が浮かび上がりました。
聖書が誠に真実で不思議な書物であることが証明されました。いったい誰が、
3000年以上も昔にこれを書くことが出来るのでしょうか。

  • [499]
  • 聖書的に言って

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月14日(木)06時20分17秒
 
神は教会の中の悪をこのまま何もなかったように看過されることはありません。
何もなかったように過ごすのは人間であり、神はきっちり裁かれるのです。
神は教会員を裁かないという人がいますが、それは神に委ねた人に限ります。

  • [498]
  • 赦しています

  • 投稿者:くまモン
  • 投稿日:2021年10月14日(木)01時41分35秒
 
私は、学院で霊的に殺された事も、牧師に捨てられたことも、執事達の冷酷な対応も、病院での仕打ちも、その他、全てSDAから受けた出来事に関わった人たちをとっくの昔に赦しています。恨んだこともありません。

皆さん、ご自分が何をされていたかわかっておられないから、仕方ないのです。

愛は、恨みを上まわります。
嵯峨野教会牧師
あなたが完全に神に委ねた時に、神は彼らに復讐されるのです。

  • [497]
  • なかったことにする愛を考える

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月13日(水)23時36分41秒
  • 編集済
 
ふと思い出したことだが、わたくしが日本を去ってアメリカに渡った直後
わたくしは自分が経験した教会の出来事と受けた仕打ちを東北教区の教区
長に手紙を書いて(おかまの教区長ではない教区長)該当教会の牧師の懲
罰を訴えた。そうしたら他の不義理な牧師とは違ってすぐに返事が来た。
そこにはこのように書かれていた。

  「貴君の受けた仕打ちと誤った教会運営のことは理解致しましたが
   わたくしは教区長であり、人を殺すのではなく、生かすのが働き
   です。ですから罰する事はできません。」

返事の中には、教会としてわたくしに対する謝罪の言葉は一切なかった。
なかったが、こちらは必ずしもそれを期待していたわけではない。牧師が
信徒に謝罪するという考え方など彼らには全くなく、牧師は殿様商売で牧
師を批判するのは罪だと本人すらも言っていたのであるから、信徒は泣き
寝入りするしかなかったのだ。わたくしは考えた。この教区長はいい先生
である。しかしこの先生といわれる人たちにとって組織の中の「人を生か
す」というのは一体何を意味しているのだろうか。生かし続けたばっかり
にさらに多くの信徒を迷わせ、躓かせ、泣かせているとするなら、こんな
逆説的に罪作りな人を生かす教区長などありえないのではないか、と。硬
直した人間関係重視組織の中で、人を生かすと言うのは、他を見殺しにす
ることでもあるのだ。それは誰もが肝に銘じて頂きたい。

その後草野という看護婦がやってきてわたくしに、その先生が和解したい
と言っているからあなたも和解しなさいとおせっかいを焼いてきた。わた
くしは断るわけにもいかず彼に会った。そもそもどうして彼はそう言って
きたのか。わたしは「人を生かすのが使命」と言っていた教区長から叱責
されたからなのか。それとも単なる美和子のおせっかいであったのか。何
であれ、わたくしはそこで彼を赦した。というか、わたくしは裁きを神に
委ねたのである。なかったことにする愛とは、神に裁きをゆだねる事だっ
たのだ。

くまもんさん、見ていらっしゃいますか。貴方を欺いて陥れた人たちを赦
せとは必ずしも申し上げませんが、裁きを神に委ねなさい。
嵯峨野教会牧師
余分な事ではあるが、
和解を申し出てきた時に、この牧師の本気と真摯度を試みるために

 「和解のしるしの人質に貴方の娘をわたくしの妻に下さいますか」

と一言言ってみればよかったかもしれん(笑)。そうして、奴が喜んで二つ返事でOKしたか、震えて青ざめて失禁・脱糞したか、どうするかを最後まで見届ければよかった。実際わたくしはそう言う要求をしても誰からも批判されない立場にはあった。勿論、こちらとしても、それに彼が何と答えるかを見るのに恐怖を感じただろう。その優柔不断の泡沫牧師の娘をお持ち帰りしていたら、その後の歴史はどう変わったかは知る由もない。w

  • [496]
  • 気高い異教徒

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月13日(水)21時46分35秒
 
ワクチン義務化に反対し自由のために戦うパイロット!
https://www.youtube.com/watch?v=NJXpOXVLM3A


彼らは、某SDA教会の指導者たちよりも立派で気高い。


  • [495]
  • SDA信仰嵯峨野教会インターネットヴァーチャルチャーチ構想のルーツ

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月13日(水)10時38分8秒
 
昔、教団と病院の行政に問題を関して意見をしても無視されたり、陰口を
言われるばかりで、全く改善も進展も見られないことに業を煮やしたある
保守的信徒が、彼らの信じる所をシェアするためにビラを印刷して、安息
日に天沼教会の前で配布をしました。そうしたら、教会の中から何人かの
男が飛び出してきてその信徒を抑え込んで、ビラ配りをやめさせ、ビラを
没収してゆきました。結局その人は病院と教団に対してなんの実のある抗
議活動が出来ず、病院も教会も平穏のうちに終わってしまったという事で
した。そういう話を聞いていましたので、これではビラとか郵便物の配布
では信徒は教団権力の前では無力で、文書配布の時間と労力をかけるのは
効率が最悪と知りました。この閉塞状態を打開するものは何かと求めてい
た時に、パソコン通信が広がり、それからインターネットが急速に普及し
てゆきました。そこでこれからの教会の中の戦いはインターネット空間を
制する者が勝つことを悟り、嵯峨野教会を開くこととしたのです。以来、
日本のSDAのインターネット制空権は今でも嵯峨野教会が握っています。
ハレルヤ、主を褒めよ。日本にSDA信仰を回復する戦いだ。なあ我妻

  • [493]
  • 反撃

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月11日(月)23時11分44秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=TImvE7qNz9A

  • [492]
  • 思いやりの愛

  • 投稿者:みい
  • 投稿日:2021年10月 9日(土)09時24分6秒
 
牧師様

その牧師夫人からの七福神の贈り物をゴミ箱に捨てられた信徒の方は、このことをなかったことにしようと言う愛が働かれたのだと思います。それが救いでしょう。
嵯峨野教会牧師
ふふふ。

  • [491]
  • 下の二つの話は

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月 8日(金)09時49分14秒
 
あとで「SDA教団百物語」というタイトルをつけて、それ専用の
ファイルに入れておきたいと思います。はい。w
百個くらいすぐたまりそうですが。藁

  • [490]
  • ミサに出席!

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月 8日(金)09時23分53秒
 
これは今となっては昔の話であるが、
わたくしにお嫁さんを紹介しようとしていた看護学校の寮の舎監が
ある日、どういう風の吹き回しがあったのか知らん、アメリカのわ
たくしに手紙を書いてきた。それを見てわたくしはぶっ飛んだ!
何と書いてあったのか。

  「カトリックのミサに参列してきました。荘厳な雰囲気に
   心洗われ、感動致しましたのよ。」


ぶっ飛ばないSDA信徒がいたら顔を見てみたいと本気で思った。


  • [489]
  • 戦慄の七福神

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月 8日(金)04時39分52秒
 
あるSDA教会員の息子が結婚をした。SDA教会内外から多くの人から祝福の
言葉や贈答品が寄せられた。そこにある牧師夫人からの手作りの品という
プレゼントが式場に届けられた。何かと思って開けてみたら、なんと驚い
たことに、それはその牧師夫人が手作りで作ったと言う七福神の飾り物だ
った。これを見た教会員はさすがに声も出ず、それを息子にも渡すことな
く、そのままホテルのごみ箱に捨てて来たそうだ。一体全体この牧師の信
仰とは何だったのだろうかと激しく悩まされたという。

  • [485]
  • 韓国SDAは異教要素を含んでいる

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月 7日(木)01時54分20秒
 
418 :神も仏も名無しさん:2021/10/06(水) 22:29:08.71 ID:jfeXaRiKj
祈祷院考。
※以下に述べる文は、○○○氏が記したものを幾分モジッタものである。
仄聞だがこの「研修」は1, 2週間ほど続く。祈祷院という研修施設に缶詰に
なる。参加者には個室が与えられも。これは奥行き3メートルほどの独房の
ようなもの。収容中は私語は禁止。教導者だけが同じようなことを独白の様
に何度も言われ続け、あたかも北朝鮮の洗脳施設のようであると言っていた。
この祈祷院では霊的リバイバルの為の奇妙な儀式が行われた。それは数人単
位のグループになって、1人ずつ裸になり、白いガウンだけを着せられ、真ん
中に死者の様に横たえられ、その周りで参加者がその人の為に祈り続ける。
終ると、この人は死から蘇ったと いうことになって、今度は次の人が裸に
なって白いガウンを着て、同じことを繰り返した。また、バプテスマは人の
死であるという偏った考えから、バプテスマを受ける本人だけが入ればよい
という棺桶状の水槽に沈められる。牧師は手を濡らすだけ。食事は質素なも
のが与えられ収容期間中は祈り続ける。1人ずつ裸になって死に装束を着て
祈る儀式のグルー プは男女混合であったとも聞いている。
**実にキショクが悪い。聖書的ではないと言えるだろう。



これは同意だな。祈祷院なんて韓国由来の非聖書的異教施設などやめてしまえ!
なあマスヤ。何が気色悪いだ。どっちが気色悪いか考えてみろ!

  • [484]
  • ソドムの滅亡

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月 6日(水)22時04分43秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=NTx-7djSV_s

キリストの再臨が差し迫っている現在にも同じことが起こるかも
しれません。それはロマリンダかもしれませんし、東京かもしれ
ません。

  • [483]
  • 慰安婦問題大崩壊

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月 6日(水)19時07分42秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=dbLAC9O_1PI

朝日の誤報から始まって、徹底的に振り回されつづけた韓国民にお悔やみを申し上げましょう!

  • [482]
  • 三育教育の理念は高いというものの

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月 6日(水)17時37分8秒
  • 編集済
 
   >413 :神も仏も名無しさん:2021/10/06(水) 05:40:04.21 ID:2Gr+igBXQ
   >三育教育考。
   >はじめに、三育教育の理念は高い、と言っておこう。
   >三育を勧めても、もっと広い視野を持たせたい、と福音者の○○長の息子
   >には普通の学校の勉学に舵をとった者がいた。その親御さんは、もう故人
   >ではあるが。その人がお○○なりになり、某教会で層偽をしたが、終ったら
   >○○寺に骨を安置されたし、との遺言であった。結局某教会の牧師は困った
   >顔をしたものの、その人の○○か否かは解からぬが、そのことを是認した。
   >このことは○○したSDA関連機関の重要ポストにいながらも、三育教育の
   >偏り・危険性・将来性を危惧したのだろうと思量する。三育の教師陣には
   >ロクな人がいなかった、と卒業して医系の仕事に就いている人から聞いた。
   >元ヤンキー、不良もどき、etc。授業は本質をやらず、聖書のウンチクを80%
   >ぐらいしてお茶を濁す、つまり後の専門性の授業は20%であった、とか。
   >教師の中には生徒の心身上のことで無知なモンが少なくないようだ。生徒の
   >質も如何なものか。悪質ないじめが、かなり多かったと聞いた。つまり親御
   >さんの質も問題でもあろう。遺憾ながら少なくない卒業生の中には、定職に
   >就けず○○のドヤ街の生活者のような人もいると聞いた。勿論、中には優秀
   >な人もいるだろう。それは自分で率先して物事を思考し、決定し、前進でき
   >る、協調性がある、etc。人は、一度○んだも同様の状態から甦ると、かなり
   >自信も付き安定する傾向にあるが。少し悪口を垂れたことをご容赦願う。
   >再度言うが、三育教育の理念は高い。


「三育」という理念は、単に知・徳・体の三拍子そろった骨品を造りたいと言うそれはそれで立派な教育理念であって、これ自体聖書の言葉から直接与えられた者ではなく、このようにしたら聖書の信仰によって子供たちがはぐくまれるという理想に燃えた人たちが作った言葉である。その気高い理念自体を批判する意図は全くない。ただ問題は、この教会にはその理念の根拠となる第七日安息日キリスト再臨信仰が失われてきており、証の文や再臨メッセージが語られも教えられもせず、未信者との結婚を深い思慮も牧会サポートもなく放置容認し、エキュメと世俗社会迎合の知恵の流行で、SDA信仰の世代継承自体がないのに、屁理屈理念ばかりが建前として居残っている状況である。不注意に自分の子供を三育に送ってしまって後悔した信徒の声も多い。こんな言う事とやることが露骨に相反する教育をしていたら学生の精神が病んでしまう。学院生に精神の病いが多いのはそのためであろうか。このような学校は閉鎖して、教師を一旦全員首にして、またゼロから立て直した方が神の栄光になると誰も思わないのが不思議である。それもまた本音と建前に縛られているからであろう。この際潰そう三育学院。

嵯峨野教会牧師
明らかに廣田の話だ。

  • [481]
  • 随想

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月 2日(土)20時12分29秒
  • 編集済
 
  >373 :神も仏も名無しさん:2021/10/02(土) 07:58:05.94 ID:x6S7imvzo
  >私はSDA教会へ行くのが嫌な時があります。それはここの板の石松や愚老のような
  >偽善者の爺が、したり顔で教会で偉そうなことを言っているからです。嵯峨野
  >の牧師さんガンバレ!


  >376 :神も仏も名無しさん:2021/10/02(土) 17:19:40.32 ID:jeppeHFxm
  >>>373
  >私も貴方とは違った意味で教会へ行くのが嫌になるときがあります。
  >でも考えるのです、私はなぜ教会に通うのかと。
  >牧師様の説教を聞くため、什一を捧げるため、教会の人たちとの親交を深めるため、
  >などなどではありません。
  >悔いて祈るためです。したり顔で偉そうにしているお年寄りに会うためではありません。
  >それは神さまのみ業、十字架と復活を心に刻ま込むためです。
  >貴方が日本人なら神さまの心がみのる地、この日本に本籍があることを感謝しましょう。
  >まずはそれからですね。




わたくしが東北の某医学部にいて安息日問題で葛藤していた時、日和見で八方美人で甲斐性なしの牧師や劣悪な教区の牧師たちに「格好つけるな」、「自分だけ悲劇の主人公だと思ってるんじゃねえよ」、「これは個人の選択の問題ですから教会は関知しません」、「あなたの息子さん(わたくしのこと)は変わっているのではないでしょうか」とか「そこまでして安息日を守らなくてもいいんだ」と陰険な批判と散々な逆風にあい、それでも平凡な教会信徒から牧師の批判は罪だと言われて、わたくしの若い心は何度も折れそうになった。わたくしには、この際SDAで得たキリスト教信仰を捨てて、何も考えず、ひたすら医学部に六日間出席し、土曜日の国家試験も受け、信仰を離れ教会も離れ、こんなクソ牧師と教区長の泡沫信徒教会とは縁を切り、親にはSDAになった事を恥じて謝り、故郷に帰ってお嫁さんをもらい、そこで一生を終えようという選択のオプションもあった。熾烈な受験勉強を勝ち抜いてきたのに、こんなに傷つけられる教会に無理して残ってSDA信仰を守る必要がどこにあるんだとわたくしの部屋の中を歩き回てささやく悪霊もいた(そんなことを言っても気違い扱いされるだけだから信じてもらおうとは思わなかったが)。もう、いっそのことその時点で教会出席を停止しようかと思い詰めた。もうほとんどそうした方がいいとすら思っていた。しかしわたくしがそう出来なかったのは、心が神の道にとらわれていたからだった。キリストの歩まれた道はもっと大変だったんだと思い返したとき、わたくしはそれでも泣きながらキリストについてゆく道を選んだ。病院の職員からさらに追い打ちをかけて「安息日を守ったからと言って偉そうにするな」「安息日を守っていたら明るく快活になるはずなのに、なぜキミは暗いの」と罵倒されたときも、もうここまで来たら綺麗ごとなど全くなく、キリストについてゆくしかないのだと思えた。アメリカに行く飛行機の乗ってエンジンの轟音の中でわたくしに言われた言葉が駆け巡っていた。その中でわたくしは神の次の道順を尋ねていった。そうしてわたくしは故郷を捨ててアメリカにわたり、そして日本国籍を捨てた。我々の国籍は天にある。

  • [480]
  • 真のワクチン来る

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年10月 1日(金)02時55分6秒
 
菅総理の大手柄。
https://www.youtube.com/watch?v=dbZXd2sZ36w

ファイザーとモデルナのワクチンを受けてしまった人にはお悔やみ申し上げます。

  • [479]
  • 自民党総裁選と日本のSDA教団との共通点

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月29日(水)18時58分10秒
 
今度の総裁選挙で、岸田が得票して、河野、高市は選ばれなかった。候補の中で、高市は物事を深く考えて現状の日本国の国情を憂慮する党員の支持を得て急速に勢力が増えたが及ばなかった。決選投票では岸田が、大本命の下馬評のあった河野に大差をつけた。結局岸田って誰かといえば候補の中ではもっとも優柔不断でウィグル問題でもどっちつかずで風見鶏の奴だった。こんなのに大半の自民党員の票が集まった。自民党の中ですらも、明快なビジョンと強固な意志を持っている者よりは、適当にいい加減で波風を立たせない者の方が凡人の支持を受けやすいという事である。その意味で自民党は間違いなく「大衆政党」である。

これと同じ事は日本の教団にも言える。原則に忠実な教師や牧師は煙たがられる。凡人の大衆はSDAの召しと選びを明確に方針つける指導者よりも、事なかれ主義でファジーで、教会が聖書と証の文の教える原則に立つコミットメントを感じさせない者を喜ぶ傾向がある。第七日安息日を含めて、戒めへの回帰よりも、軽快でウィットに富み、ほっこり心の温まる人情噺、浪花節、状況倫理話を求め、なるべく教会の霊的状況が危機的であることを感じさせない人が謙遜で、腰が低く、包容性のある常識人とかおだて上げられて好まれる。それはなせか。その答えは自民党を見ての通りである。今のSDA教団は「大衆化」しているからである。ダビデの国がソロモンの死後、後継者の急速な堕落で外患内憂をを招いた記事を各自読まれて比較されるべし。


大衆化とリベラル化はほぼ同義である。


  • [478]
  • ジョージナイトの歪んだ本質

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月28日(火)06時09分42秒
 
以下の文は辻好文氏の卒論からの引用。
コメントは今は意図的に省略。



近著の最終章の冒頭に、ナイトは次のように書いている。“The most important thing you can know about me is that I used be perfect." (George Knight,I Used to be Perfect, Pacific Press,1994,p.80 )。ちなみに同章のタイトルと同書のタイトルはどちらも「わたしはかっては完全であった」(I Used to be Perfect)となっていて、それを読むと、ナイト自ら自分の体験を重要視しているのが明らかだ。

 「キリストの品性が完全にキリストの民の中に再現されたときに、彼らをご自分のところに迎えるために、主はこられるのである」(『キリストの実物教訓』47ペ-ジ)との言葉に感銘を受けたナイトは、自分がキリスト以来最初の「完全」なクリスチャンになるべく決心したのであった。そしてその日から完全を目指しての厳しい努力を課す。例えば徹底して食事に節制し、わずか3ヵ月で体重は75キロから56キロに減少した。それを見ていたある人は、「ナイトは『健康改革』によって死ぬんじゃないか」と思うほどだったと言う。食べ物のみならず、見るもの、すること、考えることすべてに悪を避け、完全に向かって精進した。ところが努力すればするほど、もがけばもがくほど、自己中心的になり、他人を裁く自分の状態に気づいて落ち込んでいった。そしてついにナイトは、自分の牧師信任状を教区に返す決心を固め、実行に移した。信任状は2度にわたって本人に戻されたが、3度目に教区に返したときは、もう戻ってくることはなく、ナイトは晴れて牧師を辞め、更にはクリスチャンであることも辞めるに至った。

 以来6年間、ナイトは祈らず、また聖書も読まずの生活をし、人生の意味を求めて哲学の研究などに打ち込む。しかし確たる解答は得られず、最終的には「もしキリスト教に答えがないならば、その答えはどこにもない」と思うようになる。

 その矢先の1975年、神がナイトにみ声をかけてくださり、ナイトの心に触れてくださったと言う。“George, you've been an Adventist, but you haven'tbeen a Christan. You've known all the doctrines, but you haven't knownMe."(I Used to be Perfect, p.88)。ナイトはこの神体験を“My Adventismgot baptized into Christianity."(同ペ-ジ)と表現し、その日初めて「クリスチャン」になったとして、誤った律法主義的信仰とその悩みから解放された喜びを、今日まで語り続けているのである。

 ライフスタイルを中心とした様々な否定的な戒めのしがらみに縛られていたアドベンチストだったかっての自分に決別したナイトは、今度は自らの体験をもとに、かっての自分のような信仰に苦しんでいるほかのアドベンチストに、福音を伝えるべく情熱を燃やしている。そして福音主義的アドベンチスト信仰こそ、アドベンチスト教会内の諸問題を解決する重要なかぎとして、その信仰をこの教会に広めることに使命感を感じているようなのである。

  • [477]
  • 十戒の石の板は青かったのではないか

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月21日(火)23時11分38秒
 
十戒の板の石とは神のみ座の一部からとりだしてきたサファイアのようなものだったのでは。

  • [476]
  • 拾い物

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月20日(月)00時11分54秒
 
白石による廣田實の蓋棺録のような説教。
https://www.youtube.com/watch?v=0_zwhDcS7qY

こういう説教が安息日の礼拝説教の代替になり得るのか、当職は甚だ疑問に思う所であります。
嵯峨野教会牧師
   >268 :神も仏も名無しさん:2021/09/20(月) 11:40:52.35 ID:b8xX+XXlK
   >>266
   >でも最近のセブンスデーアドベンチスト教会の説教このような説教が多いですよ。
   >少数の牧師以外は...。

それはSDAの中に根をおろしてしまった異教というものです。元教団総理自らがこんなしょうもない礼拝説教をしていたら信徒に示しがつきません。この人も早くいなくなるか、長老を辞め、過去の業績を全否定して悔い改めねばなりません!

  • [475]
  • 頂上の確執 (復刻)

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月15日(水)00時08分17秒
 
頂上の確執

これは、やはり1980年の三育学院カレッジの卒業式。

三育学院の卒業式の際の「ついで」のようであるが、
当時の岡藤米蔵総理から、故山形俊夫前三育学院学長に『名誉学長』の称号が贈られた、これはその直後の写真

本来もらって嬉しいだろうと考えるのが普通である
しかし、
山形俊夫は名前を呼ばれて、二コリともするどころか、
いかにも不愉快そうな顔をして登壇した。
そして、岡藤から証書をひったくるように手にしたかと思うと
礼も握手もせず、形だけの白々しい拍手を迷惑そうにして
すぐに背を向けて、壇の床を踏み鳴らすようにして顔を歪めながらそそくさと降りていった。よほど悔しかったことがあったのに違いない

その思わぬ展開に呆気に取られている学生達


下はその部分の拡大画像





私はその一瞬を歴史的証拠としてカメラに収める事ができた
後で聞き知る所、山形俊夫は国平四郎前総理によって「無能」の
烙印を貼られて、学長からラジオ牧師に降格された。
国平の利害と野望を忠実に引き継いだ岡藤からの
「名誉学長」の称号は、その慰撫の為であった。
しかし、もちろんそれは名目上の称号であって
以後、三育学院の運営に山形俊夫が立ち会ったり意見を求められることはなかった

そんなジョークのような名誉学長称号なら、
あなたが彼の立場なら卒業式の時に床に叩きつけないだろうか
意志強靭の山形俊夫は自制した
しかし顔の苦渋の歪みだけは隠せなかった

山形俊夫は2004年春に死去した。
教団は山形俊夫が最後の今際まで三育学院に
懸念を持ちながら世を去った事を信徒に知らそうとしなかった。
こんな人材の使い方をしていいのか?

緞帳に見える「万事は益となる」と「すべての事について感謝しなさい」
というフレーズが虚しい
嵯峨野教会牧師
   >*観察力は鋭いものを有しているようである。
馬鹿言うんじゃありませんよ。どんな鈍い人でもわかりそうな事じゃないですか。(キッパリ)

  • [474]
  • 東京中央教会再訪記  (復刻)

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月14日(火)20時55分34秒
 
上の写真に見える白点は頭上の電線から降り落ちる雨水



平成11年3月26日金曜日、その日は朝から曇り時々雨が降りしかも異常に湿気が高くなるという奇妙な日であった。朝8時半には地震が起こった。今までの自分の経験から言って小さな地震が起こるのは大きな事が起こる前の神の啓示であることがある。私は日本に10日間滞在して土曜日の午後の飛行機でアメリカに戻らんとしていた。その日は私は滞在先の小田原から新幹線で東京に戻り、その足で秋葉原で降り、本や聖書のCDなどを買った。娘の為に大判の引証付き聖書を買ったが、それは新口語訳の物であって、もちろん共同訳聖書には見向きもしなかった。いくら訳がより正確だからと言ってもカトリックかぶれに堕ち果てた聖書には用がない(こんなものを素晴らしいと言って褒めそやす人々の神経は計り知れない)。そうして、極めて重たくなったバッグを引きずって金曜日の夕方に宿に入って軽くなった。

私はそれから何人かの友人に電話をして別れを惜しんだのだが、そのとき私はなぜか外に行かなければならない気持ちに襲われた。ノーネクタイのワイシャツの上にブレザーコートを羽織り、私は宿からJR線に乗って新宿に向かった。雨が糸を引くようにしとしとと降り出して、鉄道の駅は浴室の中のような湯気に覆われていた。猛烈な湿度でまるで梅雨のようだった。なぜ自分は外に出て電車に乗ろうとするのか、必ずしも私はよくわからなかったのだが、ただ導かれるままに新宿へ向かった。新宿西口で降りると、いつのまにか巨大な地下道が駅から都庁に向かって延びていて、そのトンネルの壁が無数の電燭に照らされて、そこを無数の人々が歩いていた。バブルのおごりで作られたとはいえ、私はこの平成の江戸の奇観に驚いていた。そこで私は旧式のデジタルカメラをアップグレードした。

それから私は再び電車に乗った。神は今買ったばかりの高性能デジタルカメラを持って私に原宿で降りるように言われた。私はそこで「ああそうか、そういう事だったのか」と神の意図を悟った。

私は原宿の駅で降りて、雨に煙る表参道をかつての東京中央教会の在った所に向かった。原宿に降り立ったのは実に18年ぶりの事であった。その時、私は安息日を守った結果国立大学医学部で学業の継続が出来なくなり、退学したのだが、ちょうど直前に原宿の古い大きな白亜の教会が取り壊されて、新しいが狭く小さい教会に建て替えられた。変わり果てたわい少の教会は狭い敷地に追い込まれるようにして建てられた奇妙な建物となっている。最新式パイプオルガンのある新しい教会堂が出来たのを記念するという大義名分をもって、その場所で1978年に全日本の青年の大会が開かれた。その時の青年大会のタイトルは皮肉にも「信仰の祭典」という名前だった。安息日の迫害に焦悴していた私もそこに来たのだが、そこに第七日安息日の証しを共に出来る信仰の青年は一人もいなかった。しかし、私は他の人がみんないなくなっても安息日を守り続けようと決心していた。その結果、私はアメリカに導かれ、今に至った。今回私が日本に来たのも、その安息日を守った結果の故に来たのだ。

別にセンチメンタル・ジャーニーのつもりで来たのではないし、出来れば来るつもりではなかったのだが、神が私をつれて来たのだから逆らえない。表参道には以前には見られなかった派手な建物が立ち並んでいた。昔は教会が表参道そのものに面していたので、絶対に見失うことは無かったが、今回来てみると、表参道から教会が在ることを示す表示板すらも無くなってしまっていて、いよいよ教会が外の世界から隔絶されてしまっている様子を見て取った。「東京中央教会」という小さな看板が建物に張り付いていた。レンガ風の外壁の上にはやはり「東京中央教会」という見事な碑名がそのまま残っていたが、イルミネーションのライトに輝いている訳でもなく、みすぼらしかった。昔の中央教会の栄華を知っている人が見たら痛わしさに胸が詰まるであろう。安息日の始まる金曜日の日没だというのに教会は真っ暗で誰もいなかった。安息日で一番大切な部分は金曜日のサンセットのはずなのに、これはどうしたことだろうかと不思議に思う。教会正面玄関は鍵がかかっていた。日没礼拝はもはや誰も守っていないという事なのだろう。

下の方から明かりが漏れて来るので行ってみると、英語学校と「キャンドウ原宿」という訳のわからない名前の看板が並んでいる下の玄関が電気が付いていたので、行ってみると鍵がかかっていなかった。中では明らかに滞在中の外国人とみられる数人の者がアメリカのアンドリュースの礼拝説教らしいビデオを見ていた。彼らを横目に上の回に上がると、誰かが集会室でポロポロとピアノを弾いていてそれにあわせて賛美歌を合唱していた。そうだ、その場所は1978年に「信仰の祭典」の集会で青年会役員の愚か者が求道者に「宇宙戦艦ヤマト」の遊戯を教えていた場所だ。今は誰がいるのだろうと思って、そうっと重い鋼鉄製のドアを開けて中を覗いてみると、そこにいたのはラテン系の顔をした外国人の若い男女であった。ただ集まって賛美をしているのだった。私は静かに微笑んでまた音を立てぬ様にしてドアを閉めた。

私はさらに奥に進んで東京中央教会の礼拝堂に行った。途中のドアはすべて開け放されており、私が泥棒だったらどうするつもりなのだろう、不用心なものだと思いながら私は前に進んでいった。奇妙な事に、そこは真っ暗で誰もいないはずなのに、観音開きの両扉が開かれていて、礼拝堂の入り口の眼前にはなんと「今日は礼拝日です。どうぞお入り下さい」という立て看板が置かれていた。そうだ。今日は既に礼拝の日になっているのだ。今日は金曜日であるが日没であるからもはや安息日は始まっている。だから今日は礼拝日だというのはそれ自体正しい表示である。それを知っていてこの立て看板が立てられていたのだろうか?無人の金曜日の夜の礼拝堂の前に、さあ入ってご覧とばかり真っ暗なまま扉が開け放たれていたというのは普通の事ではない。それは、あるいは不精な執事が、土曜日の朝の礼拝に人が来る前に今の内に案内板を出してドアも開けたままにして家に帰ったのかもしれないが、それはわからない。いずれにしても、この建物があたかも暗闇の中で私が来るのを待っていたかのように見えて戦慄した。



私は真っ暗な礼拝堂に一人入った。外の街灯からの光が漏れ入ってきて講壇の一部を照らしていた。外の雨は続いているようだった。今まで忘れていた記憶が急に怒涛のように蘇って来た。パイプオルガンは暗がりの中で沈黙し、コワイアの席には私への伴奏者の影はなかった。私はそこで一人講壇の前に立ち、手を広げて神の前に祈った。真っ暗な中に私は神の臨在を感じた。それはたった一人で行なうサンセットの礼拝であった。私の祈りと聖書朗読と賛美のカンターが礼拝堂に適当なエコーが効いて響き渡った。まるで公衆浴場で歌っているかのようだ。こうして私は神に導かれて原宿の東京中央教会の礼拝堂に入り、安息日のサンセット礼拝を一人で行なった。大きな声で祈って歌ったのであるが誰も人はやってこなかった。カラオケバーならお金の請求があるだろうが、ここは神の宮なのだからそんな心配は無い。そうしているうちに、その場所に聖霊が下だったのを感じて私は怖れた。神を怖れ神に栄光を帰せよ。そしてこの教会でまだ信仰を固く守っている若い人たちの上に神の祝福が必ずあるように。そしてこの教会の建物とスピリットを世俗的な利益の為に売り払った者達の上に呪いがあるように。真の信仰者にとっては当然の事だが、祝福と呪いは表裏一体の現象なのだ。祈っている時やカンターを歌っている時はそれほどでもなかったが、終わってその場所を去ろうとするとき、急に今まで感じたこともないような感情の動揺に襲われて泣き出しそうになった。「去りがたい」という思いが起こった。やはりそこには神が来られたのだ。第七日安息日を掲げることによって祝福されて来たSDAなのだ。それは誰が何と言おうと事実である。安息日の趣旨が神中心から人間中心、建て前中心、教会組織中心にすげ替えられるときに教会は衰微した。私の胸が詰まったのは私がまだこの教会を愛しているからというよりは、神がこの教会に残って戒めと証を守る民を愛しているからなのだ。

自分が入って来た方向の逆に向かって歩いて行ったら、その建物の責任者の部屋があって入り口に「在室」という表示がしてあった。事後承諾でサンセット礼拝行為を一人で執り行なったことを報告しておこうと、ドアをノックしてみたが誰も出て来なかった。ビデオを見ていた外国人がやってきて「お前は誰だ」と不審そうに突っかかって来たので、責任者の○○先生はいないのかと実名を出して応酬したら、急に優しい目つきになり、「その先生はお帰りになりました」と変な日本語で教えてくれた。「だったらあの在室っていうのは何なんだ?」と聞いたらポカンとしていた。

同じように教会にも神がいると言っていながら、本当は人間的な思いしかなかったのではないだろうか。いずれにしても今回は神が私のために原宿の遺跡に臨在してサンセットを迎えさせて下さったのである。ハレルヤ。主をほめよ。そうして神は私を安息日の午後に静かに日本を去らしめた。

  • [473]
  • コロナワクチンの霊的意義

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月13日(月)20時07分17秒
 
マウンテンビューSDA教会の集会 翻訳は省略
https://www.youtube.com/watch?v=Qx5zguR0OzM
(倍速視聴を推奨)

  • [472]
  • ギブンの功罪

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月13日(月)06時13分45秒
 
いろいろ多岐にわたる問題があるが、それをあえて短く言うならば
エレンGホワイトの証の文と、プロテスタントの歴史預言聖書解釈を
露骨に否定するハレンチな教会指導者を産み出したことである。

  • [471]
  • 蓋棺録:高橋義文 彗星の墜落

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月12日(日)22時36分27秒
  • 編集済
 
高橋義文が死んだ。長きにわたって三育教育界と教団にリベラルの旗頭のように立ってきた、人によっては巨頭の死、かけがえのない指導者の死、とか死んだ後もおべんちゃらを言ってその死を悼む人は少なくなかろうが、わが教会にとってはとんでもない迷惑者の最後である。しかし、まず、この記事を書いている嵯峨野教会牧師は、彼の名前である義文を正式に何と呼ぶのか、「よしぶみ」なのか「ギブン」なのかという正確な個人の基本情報すら不十分である。にもかかわらず、それほど知らない者をこうして死後も論賛するのはわたくしのしていることではなく、神の霊に導かれてそうせざるを得ないのでしているという事をあらかじめご理解願いたい。わたくしがそうする理由は個人的な理由ではなく、教会員と教会組織の人々の目を覚ますためである。以後彼の名前はギブンと表記させていただく(例のCOIの院長も死後にはエサウと表示して蓋棺録を書く事になる)。

既に嵯峨野教会理事会でも暗渠でも開示されたギブンの暴露記事や電凸記事は改めてご覧になって下さればよいので内容を復唱することはしないし撤回もしない。これはこのままで日本の教団の裏歴史に金剛石の尖りで書き残されればそれでよい。何度も繰り返さずともそこに反面教師の記録として残っていればよいのである。もっと大きな問題は、ギブンが戦後の日本セブンスデーアドベンチスト教会に与えてきた霊的損害と打撃である。それを少しばかり論じておきたい。

彼は戦後のSDAの中で突然彗星のように現れた知性の期待のホープであった。浦和教会の牧師に優秀な青年として可愛がられ、将来を嘱望された。それが三育にゆき、曲りなりにも日本のSDA神学学校の最高峰に上り詰めたのである。その過程でいつからか彼はSDAの原則主義を離れて、いわゆるリベラルな学問的神学に堕ちていった。岡藤が山形俊夫を罷免した後に、長窪が三育学院の学長に選ばれるときは、例の岡藤ですら長窪のようなリベラルを後任にするのはどんなものかと疑義を呈したそうであるが、ギブンを神学科長にするときは、その長窪ですら彼の余りのリベラルさを不安に思い、さらに長窪を不安に思った岡藤はもっとびっくりして椅子から転げそうになった。これはそれほど強度過激に原則主義から逸脱した人間だったのだ。それでも基本的にお人よしで「愛の人」だった長窪は、いつかきっといいことがあるのではないかと思ってアンドリュース学歴詐称者のギブンを神学科長にしてしまった。他に代替できる人材はいなかったし、日本のSDA信仰を理論的に補強支援できる若いアメリカ帰りのSDA神学者としてそれだけ期待されていたと言う状況である(今の長谷川徹君のような状況である)。しかしギブンにはアドベンチスト神学の基礎は全くなかった。彼が神学部長になれたのは長窪のお情けの貢献ばかりが大きかった。

一方わたくしの家内は日曜教会でバプテスマを受けた純粋な信徒であったが、SDAの牧師から真の安息日は週の第七日の土曜日であることを教えられ、それから意を決して三育に来たのだが、三育学院の霊的衰退ぶりにショックを受けていた。その家内は、ギブンのオフィスの女中のような雑用の労働のアサインメントを受けてしばらくそこで働いていた。彼女の仕事とは、ギブンが東神大に発表提出する学位論文やその他の機密書類をコピーすることだった。その経験でわかったのは、この神学教授の書いている論文の内容が実にくだらないレベルの低いものだったということだ。その仕事を同じ教会員の学生に頼むのは気恥ずかしいから、まだ学院になじまない関係の薄い者に頼もうとしたのではなかったのか。そのギブンも実は家内が日曜教会で徹底的な聖書研究を受けてからSDAの原則的真理に目覚めた信徒であったことを不覚にも気が付かなかったのか。

ギブンには意外にも二つの顔がある。一つは、学生への面倒見がよく、質問には時間を取ってでも良く答えてくれて、家族であると言うアットホームな雰囲気に招き入れてくれ、知的でインテリジェンスの高い先生、とかいうものであるが、もう一方は冷酷で自分が見放した者は、情け容赦なく梯子を外し、反抗する職員は決して容赦しないポルポトのようなヒステリーな独裁者という面である。冷静で論理的な顔と、そうでない身勝手な非論理性の顔が雌雄同体のキメラのように共存していた(漫画の「マジンガーZ」に出て来た「アシュラ男爵」が分かりやすい譬えである【下の画像】)。そして彼に取り入って教団機関や学校で地位を上げてもらった者は、おおむね彼に追随して同じようにふるまっている。そこで最も残念なのは、彼が預言の霊と神の戒めを守るSDA信仰アイデンティティの本流側に居ればまだよかったのが、反対側にいて白石と一緒にSDA信仰のアイデンティティをぶっ壊す側に居た事だった。


   (「あしゅら男爵」 ®永井プロ)


あとにも証拠を出しておこうと思うが、実はギブンは2chにもいた。彼のしたことは白石と一緒に聖書と証の文に従い、三天使の使命を実行し、人間がキリスト再臨以前に完全になれることを堂々と教えるSDA信仰のアイデンティティを破壊し、新共同訳聖書を持ち込み、未信者との結婚を堂々と容認し、SDA信仰の世代交代を妨害する事だった。彼らの日曜教会、日本聖書協会、カトリックへの忖度の発言は改めてここに復唱するまでもないだろう。その意味でギブンとシライシはこの教会を組織的に骨抜きにしてきた最悪のコンビだった。しかし、その白石との縁が切れたのは楢葉キャンパスの再購入で、ギブンは白石のために再購入費用の一億五千万円を教団の替りに一時的に立て替えてやったつもりでいたのに、シライシがその立て替えた支払いに対するreimbursementを拒否した。シライシに裏切られたと思ったギブンはその後最後まで絶縁状態のままで終わった。二人で仲良く神の掟と証を守る保守原則主義のSDAをイジメてきたのに、最後はゼニカネの内輪の反目に終わったのである。パリサイ人とピラトの連合と同じようなものだったわけだ。神の許しを得てざまあみろ!と堂々と言おう。


わたくしも学院に一年いた時もギブンに殴りかかられたことがある。もっとも殴ったのはわたくしの肉体ではなく、乗っていた自転車であるがw。神の戒めのために医学部を中退したわたくしを三育にいれてからアメリカに送ろうと提案した当時の教団会計ロバート・フロストの提案を快く思っていなかった教団関係者はその提案に抵抗したらしい。長窪が「長谷川君には人格の成長が見られる」とかなんとか取って貼り付けたような事を言ってくれたおかげでなんとか大多喜三育に入れたわたくしだったが、リベラルな病院関係者や教員達には明らかにそれが面白くなかったようだ。「たかが安息日を守ったからと言ってロマリンダに行けるのは当然だなどと思うな!」などと不衛生病院の人事課長からも激しく罵られた。ただ 後日、わたくしがアメリカにわたり、PUCで一人寂しく苦学していた時に、日本から安藤千代子が訪れてわたくしを「組織ぐるみ」でイジメていたことを認めて謝罪した。わたくしは彼女からいじめられたと言う認識は全くなかったし、それどころか人から批判されながらも犬の解剖など、やりたいことを思い切りさせてもらって感謝だったので、謝罪は意外だった。私が学院に行ってギブンが何をしている人でどのように人を誘導しているかを実際に見て知って、三育や教団がどういう流れて運営されているかという舞台裏を見ることが出来たのはわたくしが今嵯峨野教会牧師として立つにあたり、それこそが何にも代えがたい貴重な体験だったと今でも信じられる(宮崎恭一にも感謝していると前述)。だから安藤千代子の謝罪はかえって忌まわしいリベラルとの葛藤を思い出させただけだった。

長窪とギブンは同じリベラルであるが、両者の間の決定的な違いは何かと言えば、前者が「愛の人」であり、後者は「冷めた人」だったということだろう。わたくしに「人格の成長が見られる」と言って学院への編入を認めさせてくれた長窪と違い、後者は相手がわたくしだろうが、伊能だろうが、辻だろうが、我妻だろうが、金城健祐であろうが、敵と見做せば強硬に情け容赦なく突っ込んでゆく冷酷キャラである。そうでなければ、わたくしも日本の国家試験にパスして不衛生病院ではなくわたくしを待望していた医学部で教鞭を取っていただろうし、伊能も辻も三育で教鞭をとる立場に置いてもらっていたかもしれないし(学長が「愛の人」の長窪だったら間違いなくそうなっていた)、金城もわざわざ天沼総会などというみっともない会議で総理を辞めさせられなくてももっと穏やかに軟着陸するオプションがあったはずである。事態がそうならなかったのは多分にこのギブンの戦闘的パーソナリティと主義主張が反映している。逆に、相手がどんなに無知で無能で魯鈍で、手取り足取り教えてやっても学位が取れない者であっても、彼の前に頭を下げ、謙遜に無力を認めてギブン先生先生と言って慕ってくる者や、ギブンは立派な先生だと信じて疑わない人を見る目のない引退牧師などに対しては、どんなに愚かしく見えようが優しく忍耐強い愛の人のように職務上はふるまうことをする。それは一見表面的には教員としてのプロフェッショナルの道に似て居るようだが、要するに体のいい偽善である。それを見破る事の出来る信徒は必ずしも多くなかったということだ。しかし現実には学院の職員はギブンの強権独裁政治に怯えていた。そんな危険な独裁者をわざわざ敵に回して異なる意見を言う事によって自分を不利にするよりは、迎合したり、マスヤなどのようにお世辞やおべんちゃらを言ってなんとか優しくしてもらって現状を維持したい信徒や下っ端牧師、教団職員が多数派の状況でギブン体制を矯正するのは困難だったのではないか。辻などに至っては、けなげにもギブンのお世辞を言って揉み手摺り手であわよくば学院に復帰したいと思っていたのに情け容赦なく後任者に叩き斬られてしまった。そういうお世辞では動かないという所だけは確かに立派だったかもしれない。w

ストックホルム症候群というものがある。ストックホルム症候群(ストックホルムしょうこうぐん、英語: Stockholm syndrome)は、誘拐事件や監禁事件などの犯罪被害者についての臨床において、被害者が生存戦略として犯人との間に心理的なつながりを築くことをいう。ただし臨床心理学における心理障害(精神障害)ではなく、心的外傷後ストレス障害として扱われる。ギブンが権力で三育と教団をコントロールし、金城けんゆうすらも叩き落す恐怖政治をしたことは教会や教団機関の職員を恐れさせ、この人に抵抗しても無駄なんだという思いを抱かせてきたことは事実である。そういう状況に学院が「ストックホルム適応」して一緒に組織ごとリベラルに堕ちて聖書と証の文の基本から外れさせた新世代の牧師たちと教会を作ってきたとも言える。


また、ある牧師からの知らせによると、奴は牧師会で当嵯峨野教会に言及し、「嵯峨野教会は教団の敵だ」と言い放った。リベラルの頭目に敵と名指しされてわたくしは誇らしく思ったが、そのようなことを誇るのは非常に人間的であることは承知している。ただ、はっきりしていることは嵯峨野教会の教団批判ミッションはギボンを本気で怒らせたということである。しかしわたくしはそれだけの達成感で満足することはできない。やり始めた教会改革は信仰の友らとともに誰に批判されようが最後までやり遂げなければならないと思う。ギブンはそのミッションのためのほんの道程標を我々に提供しただけに過ぎない。


あと付けたりの様で申し訳ないものがあるが、誰が何と言おうと、ギブンのなしたセブンスデーアドベンチストに対する最大の功績(被害)は、SDA信仰のアイデンティティの破壊を横に置けば、三育学院の四大化である。もっとも四大化したのは、看護学校であり、それをするためにゼネコンの利権まみれであることを批判されながらなりふり構わず突っ走って強行した。そもそも日本三育学院とは大学ではなく本来専修学校という分類だった。日本の医学部を自主中退する最後の間際に医学部の教務長がわたくしに「キミはこの医学部を中退して、これからどこへ行くのかね」と尋ねた時に、「三育学院」の名前を出したときに、彼が全国学校目録を検索して「なんだあ?これはただの専修学校ではないか!そんなところに行って一体どうするんだ?!」と絶叫した。わたくしはそれを聞いて実は世に媚びない三育学院を誇らしく思ったのであった。ところが実際にわたくしが大多喜三育に来てみれば、なんとそこは既に「愛の人」長窪の尽力によって「短大」に昇格していた。そして更にそれは更に「冷めた人」ギブンとエサウ夫婦やアマノなどの、文字通り体を張って命を賭した、我武者羅で、なりふり構わない努力によって四大化し、更に屋上屋を重ねるような大学院まで作り、牧師や伝道者になる人材を大幅に減らし、未来のない老人看護の道に人材を消耗させた。三育は専修学校であった時がまだ凛として輝いていたのであり、今は人間的なこの世の評価を求めようとして背伸びをした代償として神の栄光が失われた。高等教育だけでなく、小中高の初等教育も含めて三育教育は瀕死の状態である。ギブンが三育教育に支払わせた偶像神への犠牲は余りに大きかった。

ギブンの最後は肺の癌だったそうだ。肺の癌と言えば、前にもどこかの教区長が肺癌で某杉並の不衛生病院で亡くなったが、その前に「タバコなど吸わず健康に気を付けてきた私がどうして肺癌で死ななければならないんだ」と絶望の言葉を残しながら死んだが、タバコを吸わなくても肺癌になる。藻穂でもカポジサルコーマというものが肺に出来ることもある。同じような疑惑のあったギブンももしかしたらそれであったのかもしれないが、病理解剖をしたわけではないので其処の所はわたくしもわからないから断定はできない。なんであったにしても、彼は抗がん剤治療を受け、それで肺の影が小さくなったと喜んでいたらしい。しかし彼はその時点で終わっていたのである。姿かたちも見る影もなくやつれ、禿げ頭の艶もなくなり、これではもうこの者は年末まで持つまいとわたくしが予想していたらやはり8月29日に、年末予定を遥かに前倒でお亡くなりになられた。亡くなった場所も奇しくも例の元教区長と同じ不衛生病院であったのは偶然ではないと信じられる。そして病院は彼の死亡の知らせを教会に出さず、8月31日に不衛生病院に尻の穴(裏口通用門、生理廃棄物搬出口)を向けられた天沼教会、また彼が甲高い声を張り上げて四大化の邪魔をする教団理事長を追い落とした臨時総会を開いた因縁の天沼教会で、ひっそりと家族葬だけが行われ、その後も不衛生病院はギブンの死をひた隠しにする緘口令を敷いている。ギブンがこの不衛生病院と看護大学の「発展」のために元院長と元教団総理が結託して「犠牲的奉仕」をしてくれた「恩人」であり、SDA教会の教理のリベラルな発展のために貢献した「恩人」であるならば、どうしてそのような「教会に貢献の多大なる公人」の死を教会全体に知らせて、共に喪に服そうとすらしなかったのか。不衛生病院も彼の悪行に連座している疚しさを既に感じているのだろうか。闇は深い。

期待のホープとして彗星のように現れた若者は、ようやく教会を散々かき乱してSDA信仰のアイデンティティを組織ぐるみで破壊した挙句、大気圏に突入して消え細って終わった。この蓋棺録に異論のある方はいつでもメールでお問い合わせください。

神よ、ギブンをお許しください。彼は自分でSDAに何をしてきたのかわからないでいたのです。


嵯峨野教会牧師
これはおまけです。
ギブン大先生をしのぶ会にでも話してみんなで盛り上がってください。爆笑

https://257.teacup.com/newsda/bbs/thread/detail/thread_id/4/thread_num/344

  • [470]
  • 宗教自由の功罪

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月 6日(月)18時04分31秒
 
わたくしがまだ日本の国立大学で安息日問題に遭って葛藤していた時、ある山形教会の牧師ではない牧師がわたくしにこのように言いました。「現代先進国では宗教自由という社会概念が発達しているんです。あなたの医学校がそういう宗教の自由を認めないと言うのは、時代遅れというか、まだまだ遅れた考えの人たちなんですかね。ですから、宗教自由部の白石先生に相談して大学に講演に招いてもらったらいいのでは」と。

わたくしは、宗教自由を盾にして、第七日安息日を守っていると思われるのはとんでもない的外れなことだと思いました。ですから当時の宗教自由部の白石先生に相談することも当然ありませんでした。

  • [469]
  • 良かれ悪しかれ・・韓国は

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 5日(日)16時30分9秒
 
ハングル文字の訳文をみたび読誦。
日本の啓蒙思想家福澤翁の脱亜論を黙思。
翁(?)は詠われている…

 半島は遠きにありて思ふもの
 そして哀しくうたふもの
 よしや
 うらぶれて異土の乞食となるとても
 係はるところにあるまじや

韓国は近くて遠き國、良かれ悪しかれ、如何なる関わりを
もつべきではない。
嵯峨野教会牧師
韓国の民意に迎合している韓国SDA教団と如何なる関わりを持つべきかが問われる厳しい状況です。

  • [468]
  • 良かれ悪しかれ・・

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2021年 9月 5日(日)07時39分39秒
 
嵯峨野牧師さまへ
2chで韓文和訳をお願い致した者です。
和訳ありがとうございました。

嵯峨野教会牧師
実は、わたくしは訳文を付けたくありませんでした。礼

  • [467]
  • 韓国の信徒よ、自分の国を恥じよ

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月 4日(土)21時44分57秒
 
これをよく読め。日本が支援して作った韓国の地下鉄駅に書かれている事だ。
これでは韓国は世界に対して何の証もできはしない。わたくしがお勧めしたい
のは、キミたち韓国人教会メンバーが率先してこのような愚劣な韓国人の民意
と戦う事である。そうすれば日本での韓国キリスト教団の評価も変わるのでは
ないだろうか。再考を求めたい。
嵯峨野教会牧師
訳:  僕は赤誠として、祖国の独立と自由を回復を果たす為に韓人愛国団の一員になり、敵国(日本を指す)の首魁を屠戮(「皆殺し」という意味を持つ昔の韓国語の言葉)することに誓う。
(李奉昌: 昭和天皇に爆弾を投げたテロリスト)
Translation: I'm promised and to be my homeland(Ch?s?n)'s independent and free with Ch?ks?ng's person and person of Korean's patriotism team. I promise to kill enemy's boss(It means Showa Tenno)
By Lee Pongch'an (Korean Terrorist who threw  bomb to Showa Tennno)

  • [466]
  • 世紀末音頭か

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月 3日(金)19時23分19秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=QUJFChY_gvY

SDA教会は何をしてきたのかが問われる。
嵯峨野教会牧師
日本の医療伝道が無為徒食を続けてきた間に事態は光よりも早く進んでいる!
なあ西野。

https://www.youtube.com/watch?v=OApdRp60sQ8

  • [465]
  • 韓国の失敗

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 9月 2日(木)00時13分39秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=izya14OU3cw

慰安婦問題にしても、徴用工問題にしても、竹島問題にしても
韓国の教育機関や教会組織が、そうした政治的係争に対して大衆迎合
したのが韓国の失敗だった。日本の国平以後の教団がだらしがなくて
霊的に衰弱し、もはやアジアの信仰の長兄と見なしがたくなった所で
日本の立場を韓国が乗っ取ろうとしたのはわかるが。そのために大衆
の受けを取ろうとして竹島や慰安婦の反日プロパガンダを支持したの
は韓国教団、三育の痛恨のミステークである。もちろん教会に心霊祈
祷施設を持ち込もうとしてきた異端視走者もあり、またそれに丸め込
まれそうになった優柔不断の日本側の牧師もいるが(匿名希望マスヤ)、
韓国の評価が落ちたのはそれだけではなかったはずだ。

ご異議は御座いませんか、
嵯峨野教会牧師
   >しかし、ここに匿名希望と記されている人物にかのような如何わしい怪聞を耳に
   >したことはない。
語るに時があり、沈黙に時があり。わたくしは神に言われればどちらでも致します。

  • [464]
  • 国平や金澤は東京アクアライン計画を知っていたのではないだろうか

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 8月29日(日)23時40分42秒
 
東京湾の東半分を埋め立てて、東京の副都心にすると言う計画が大真面目に検討されていたことが1970年代の前半までありましたが、それはSDA教団がそれまでの米人総理を追い払って、日本人総理を立てたころです。教団総理が国平になってから間もなく、楢葉の三育学院キャンパスは強引に売り払われ、その理由は東京湾の大気汚染。環境汚染のためであるとか、土地売却のお金で各地の地方教会を建設するためとか言われましたが、実際は東京湾アクアライン計画によって土地価格が高騰することを狙った国平ならではのビジネス投機感覚が働いたが故の決定だったのではないかと思います。余りにも楢葉を売り急ぎ、日本石油への売却契約が完了した時点では、楢葉キャンパスの移転先はまだ全く決まる見通しもなかったと三育職員から聞いておりました。そういう杜撰な国平岡藤の場当たり教団の犠牲になったのが三育学院の移転問題だったという事実をこの教会のメンバーは奥歯にぐっと噛み締めて忘れないでいて欲しいと思います。ともあれ、東京湾埋め立て計画自体は、添付の参考のビデオにも説明がありますように、時を同じくして発生した第一次オイルショックで頓挫し、その後1980年代後半まで計画見直しの目途も立ちませんでした。その後東京湾埋め立て計画は大幅に縮小し、東京湾横断道路を造るだけのところに後退し、楢葉の周辺には特別大きな環境的変化は起こらず、それで、国平の行き当たりばったりの決定で千葉の不便な山奥に追いやられた三育学院が、やっぱり楢葉に戻ろう、楢葉には夢がある、とか白石とギブンが言い出して買戻しを始めて、そこで金城けんゆう総理と対立を起こして例の天沼臨時総会というスキャンダル総会を起こしたと言う次第です。しかも買戻しには売り払った張本人の国平も賛成していたと言うから呆れた話であります。買い戻された楢葉の土地は、結局古代の遺跡が埋まっていることがわかって学校を建てられるような物件ではもはや在り得ず、しばらく何も使い道のないまま放置されていました。教団はその土地を買い戻すために1億5千万ほど払ったらしいですが、実はその土地に遺跡が埋まっていてそれ以上の開発が出来ないことは日本石油も既に気が付いていて、そのまま持っていても無為に土地税を払い続けなければならない「不良資産」なので、ただでもいいから誰かに譲渡して手放したかった所を、アホな教団・学院がやってきてわざわざ一億五千万円を払って引き取ってくれたと言うので胸を撫で下ろしていたそうです。

楢葉を売り払った当時(それは原宿を売り払ったのと同じ頃)、果たして教団は本当に楢葉を大急ぎで売り払う理由があったのか、移転先もないまま売り急いだのは何故か?と考えて調べていたときに、この東京湾東半分埋め立てプランがあったことに行きつきました。恐らく、当時の教団幹部や袖ケ浦の金澤長老もこうしたトッ外れた東京湾アクアライン埋め立て計画を知っていたのではないか、その腰ぎんちゃくについていた千先も間違いなく察知していたものと十分な確証を持って信じられます。


https://www.youtube.com/watch?v=j7QYfAZULEE&t=94s
嵯峨野教会牧師
この記事が書かれた同じ日に、教団A級戦犯の高橋義文氏が没した。これは偶然であろうか。神はSDA信仰を回復しようとする残りの民と共にある。希望を持って前進しよう。ハレルヤ!

  • [463]
  • 夢を見た

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 7月25日(日)19時04分52秒
 
わたくしは自分が学生時代に乗っていたツートンカラーのフォードで
大多喜の三育学院を訪れていた。校舎や寮の周りには背丈ほどの雑草
が伸びて、コンコースのブロックの割れ目からも植物が生えていたが
誰もそれを手入れする者はいなかった。舗装はところどころ剥げて水
たまりができて泥水をはね上げながら走った。草の背丈が高いので、
わたくしが乗ってきた車が隠れて見えなくなるほどだった。寮にはい
ってみると、島田真澄がそこにいてデスクでパソコンの仕事をしてい
た。他に誰も学生や職員を見かけなかった。島田と何かを会話して外
に出て車に戻ると、暑くなった草いきれが覆っていた。誰かがそのボ
ロ車を見て、「どうしてこんなボロ車をわざわざアメリカから持って
きたのですか。他にもっとまともな車があるでしょうに」と言った。
わたくしはそれに答えて、「確かにそうだが、わたくしはこれを皆さ
んへのお土産にしたかったのです」と言って、三育学院を去り、房総
線に乗って帰った。そうして目が覚めた。これは何を意味しているか
はわからないが、とりあえず記録だけしておくことにする。

  • [462]
  • 1980年

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 7月15日(木)09時20分41秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=zEVETIwd3n8

1980年は、わたくしが日本から分離した年です。日本を離れ、日本国籍を放棄した後でもわたくしが日本人であることは変わらず、日本の伝道を使命としている事にはかわりはありません。そのために嵯峨野教会があります。嵯峨野教会牧師は狼から羊を守る羊飼いとして教団組織批判はわたくしの使命ですので淡々と続けて参ります。

  • [461]
  • 大阪のおばちゃん頑張る!

  • 投稿者:7C
  • 投稿日:2021年 7月 9日(金)20時04分22秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=9h7iquHqiL8

  • [460]
  • ソ連の失敗は白石の失敗に通じる

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 7月 8日(木)21時45分49秒
 
https://www.epochtimes.jp/p/2017/04/27147.html
ソ連の失敗(1)
https://www.epochtimes.jp/p/2017/05/27367.html
ソ連の失敗(2)


白石は結婚制度を否定することまではしなかったが、異宗婚でアドベンチストホームの形成を破壊した。この責任を問うのが暗渠3です。

  • [459]
  • 英語のわかる人は見てください。翻訳をつける暇はないので。

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 7月 7日(水)06時53分26秒
 
https://youtu.be/-9hGxZaQ-fU
嵯峨野教会牧師
https://youtu.be/ZBOWxuwlxfM

上のYOUTUBEリンクが消された場合の、予備リンクはこちらです。
https://rumble.com/vjiwy9-vaccination-warning-by-professor-peter-mcclullough.html

  • [458]
  • 山に逃れた嵯峨野教会牧師

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 7月 5日(月)20時16分15秒
 
a!. 894hb%3&&u

  • [457]
  • 牧師さんの故郷ですよ

  • 投稿者:7C
  • 投稿日:2021年 7月 4日(日)22時37分43秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=YORED95sxx8
嵯峨野教会牧師
ちょっと違いますがね。まあ似たようなものですがw

  • [456]
  • この世の人の知恵

  • 投稿者:7C
  • 投稿日:2021年 7月 3日(土)09時12分6秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=sEry059X9HU
嵯峨野教会牧師
それは当たらずと言えども遠からずですね。w

  • [455]
  • 終末こそノアの洪水を見直そう

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 6月27日(日)10時41分36秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=_j9tz2PtoqE
ノアの洪水 

  • [454]
  • 回想記事とその意義

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 6月25日(金)17時22分28秒
 
これは2012年に韓国の私立学校(匿名希望韓国三育学院)が客船をチャーターして学童を竹島に集団上陸させて馬鹿踊りをした時の記録動画。日本政府の対応は遅い。
https://www.youtube.com/watch?v=54vT-VjdPdc
??? ??? ???? (?? ???? ??????? ???)

竹島が日本領であることを実効支配で再確立して韓国との早期断交を。

但し日本が韓国と断交しても、SDA教会にとって負になる要因はありません。
良い交わりは続くでしょう。

  • [453]
  • 替え歌の転載

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 6月 9日(水)11時51分28秒
 
嵯峨野教会牧師の歌を作りました  投稿者:ななしなな  投稿日:2021年 6月 7日(月)11時31分58秒

  輝く太陽背に受けて
  鉄の牧師の叫び声
  勝利の凱歌だ、信仰の旗だ
  進め嵯峨野教会牧師
  立て嵯峨野教会牧師
  進め嵯峨野教会牧師
  立て嵯峨野教会牧師
  進め嵯峨野教会牧師
  立て嵯峨野教会牧師

  広がる世界のセブンスデー
  最終使命をとどろかせ
  偽もの長老、逃がしはしない
  進め嵯峨野教会牧師
  立て嵯峨野教会牧師
  進め嵯峨野教会牧師
  立て嵯峨野教会牧師
  進め嵯峨野教会牧師
  立て嵯峨野教会牧師

  胸のバッジはV7
  インターネットの空間を
  飛んでゆくのは僕らの仲間
  進め嵯峨野教会牧師
  立て嵯峨野教会牧師
  進め嵯峨野教会牧師
  立て嵯峨野教会牧師
  進め嵯峨野教会牧師
  立て嵯峨野教会牧師


  https://www.youtube.com/watch?v=U1MbMbEU6Tc



フレー、フレー、嵯峨野!


     (嵯峨野教会牧師) あはは! ご声援ありがとうございます。
      この記事は後程教会ロビーに移させていただきます。よろしく。



  • [452]
  • 驚きの急展開

  • 投稿者:嵯峨野教会牧師
  • 投稿日:2021年 6月 7日(月)09時16分51秒
 
https://www.youtube.com/watch?v=eSjD3t0EpQk