teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


フレーズ抄 再開のお知らせ

 投稿者:トマト衆 残留幹事  投稿日:2010年 1月26日(火)18時54分47秒
   今からもう何百年前くらいか前に、トマト30人衆が連作で載せていたフレーズ
抄がありました。

 先日、最長老と代表幹事の命日に集まりました残党の中で、残りの21フレーズ
はどうするんだという話になりました。最終的に土日当番が書いていないのがずる
いということになり、土日当番の担当者が率先して他の者も協力して書く事になり、
再開する羽目になってしまいました。

 ということで、しばらくトマト21人衆が連作で新フレーズ抄の残りを書いてみ
ます。1週2フレーズを目標に、土日にシリーズで残り21回分を書き込んでみま
す。【  】付きで始まる文章がそれです。

 フレーズとは何か?と言われるとつらいのですが、格言、よくある言い回し、歌
の文句、単に頭に残っていてふとした拍子に飛び出てくる言葉みたいなものです。
なんかテーマを決めた方が連作しやすいのでやってます。

 どんなものになるかは、決して楽しみにしないで下さい。軽く読み飛ばしておい
て下さい。

                       トマト衆 残留幹事
 
 

「1の位が0」ってヒントが・・・・

 投稿者:godzilla  投稿日:2009年12月18日(金)23時29分44秒
  愛しのトマトちゃん、こんばんは。

年男の年齢ってのは、末尾の数字で推測できるんでしたか?!(@_@)
そんなことなど全く考えずに書き込んでしまったgodziollaです。

しか~し!
私が120歳だということは自分でも忘れておりました。
不覚にも、私の今の年齢は0歳だと認識していた自分の不覚を恥じます。

年齢が120歳だからこそ、私には京都市の「河原町正面」という地名の「正面」とは京都大仏があった方広寺に対しての正面だって分かるんですね。

京都大仏は本当に大きかったです。
奈良の大仏さんよりももっともっと大きかったです。(遠い目)
 

ずばり

 投稿者:トマ?  投稿日:2009年12月15日(火)18時39分38秒
  年男と言うことは、12の倍数の年齢と言うことになります。
それで1の位が0ということは、・・・・・・・・


ずばり、・・・

120才ですね。

ギネスに申請しておきます。
 

来年は寅年ですね

 投稿者:godzilla  投稿日:2009年12月14日(月)21時10分34秒
  愛しのトマトちゃん、こんばんは。
godzillaです。
かなりのご無沙汰です。

私のHPの掲示板に、二木笑劇場のトマトちゃんの作品を無断で貼りつけました。
もしいけないならご一報ください。
即座に削除しますので。
http://6621.teacup.com/newgodzilla/bbs?

来年は寅年で、そして私は寅年生まれ。
トマトちゃんの素晴らしく楽しい名文を、私以外の人にも紹介したかったから掲載しました。

来年年男の私は、来年4月に※0歳になります。
※の中に入る数字は「2」か「3」か「4」か、はたまたそれ以外か?
迷探偵・・・・、基! 名探偵のトマトちゃんならお見通しかも。
 

二木探偵事務所 「交代のご時世で」の巻

 投稿者:トマ?  投稿日:2009年11月20日(金)18時07分11秒
   二木探偵事務所 「交代のご時世で」の巻

 秋も深まり、もうすぐ冬の訪れという今日この頃ですが、二木探偵事務所では
例の二人がまた変な事をやっているようです。

先生 「よっ、はっ、ほっ。」
助手 「あれ、先生。何やってるんですか。」
先生 「ほれっ、そらよっ、あらっ、よっ。」
助手 「先生、先生。ダンディーな先生てば、いったい何やってるんですか。」
先生 「何って、見ればわかるじゃろ。」
助手 「う~んと、中風になった人がどじょうすくいをやっているようにしか
    見えないんですけど。」
先生 「なんじゃと。この華麗な腰使いを見てどぜうすくいじゃと。」
助手 「そうでなければ、お漏らしした人がこぼさないように
    ゆっくり歩いているとか。」
先生 「何と失礼な。この腰の回転運動が見えんのか。」
助手 「そういえば、微かに揺れていますね。いったい何なんですか。」

先生 「いま世間で大流行のフラじゃよ。」
助手 「あぁ、フラダンスですか。」
先生 「何じゃそれは。また、トニー谷の新しいギャグか。そんな物は知らん。」
助手 「でも、フラといったらフラダンスくらいしか・・。フラミンゴ?」
先生 「何でわしが片足を上げにゃならんのだ。一本足打法は王選手に
    任せとけばいいんじゃ。」
助手 「全部また世代間格差のある話ばかりで。じゃぁ、何なんですかぁ。」

先生 「今世間で大流行といえば、フラフープに決まっておる。
    しかも、エアーギターならぬ、エアーフラフープじゃ。」
助手 「それで、変な腰使いをしてたんですね。けど、今流行っているんですか?」
先生 「なんじゃと、今猫も杓子もフラフープじゃ。この前も子どもがやりすぎて、
    脱腸をおこしたとか言うて、そりゃすごい~とか誉められておったぞ。」
助手 「それは半世紀ほど前の話じゃないですか。それが原因でブームが去ったん
    でしょう。」
先生 「半世紀といえば、ついさっきじゃな。」
助手 「二千年も生きていればそうかもしれませんが、半世紀前と違って、
    今や新しい時代に入って、国会でも政権交代をしたんですからね。」

先生 「そうじゃな、わしも今になってみるとそう思うんじゃ。」
助手 「政権交代ですか?」
先生 「そうじゃ。」
助手 「では、いよいよこの探偵事務所も。」
先生 「フラをやっていて思ったんじゃ。」
助手 「いつまでも若くないと。」
先生 「いつまでも若いなぁと。」
助手 「それで事務所の政権交代で、所長交代をと?」
先生 「何の事じゃ? わしは自分の身体の事を言っておる。」
助手 「身体がどうなんですか?」
先生 「まさに健康体じゃ。」
助手 「それで?」
先生 「じゃから、正健康体じゃろ。」
助手 「その調子じゃ、あと千年は長生きしますよ。」
先生 「たったそんだけじゃなかろう、正健康体じゃからの。」
助手 「はいはい。」

世間では政権交代後の事業仕訳で揺れている昨今ですが、
探偵事務所では所長の腰がちょっと揺れただけで終わりそうです。

今は亡き長老の物置の手文庫から奇跡的に発見された駄文がありましたので、
載せておきます。
5年以上前に書かれた物ですが、時事ネタが入っていたのは単なる偶然のようです。
早く、どなたか探偵話を書いて頂ける方と交代せねばなりません。
 

子王国in落花生県

 投稿者:トマ?  投稿日:2009年 5月27日(水)18時07分28秒
  そいつぁ、よござんした。
これでやっとナウなヤングの仲間入りですね。

しかし、開園して四半世紀経っているんですけどね。
「初めて行きました」というおじさんは少なくなっているかも。

わたくしは生きている内にシルクドゥソレイユを見てみたいです。
でも、もう無理かも。
 

TDL

 投稿者:帰雲  投稿日:2009年 5月24日(日)22時24分7秒
  子年の私がようやく某所へ行ってきました。エレクトリックパレード?に感激したのは遅きに失しましたが、生きている内に経験できましたよー。
噂通りの園内の綺麗さに、ヒデキ感激(古)
 

二木探偵事務所 「大統領はつらいよ」の巻

 投稿者:トマ?  投稿日:2009年 1月29日(木)20時28分29秒
  二木探偵事務所 「大統領はつらいよ」の巻

こんな探偵事務所があったことすら忘却の彼方に消えようとしている中、
忘却という言葉をすっかり忘却している二木所長と、そんな所長の存在を
忘れようとしている小林助手が久しぶりに何やらやっているようです。


先生 「・・でありますから、これかはチェンジ、変わらねばならないわけです。」
助手 「あれ、先生。何やってるんですか?」
先生 「見て分からんのか。演説じゃよ。」
助手 「老人会か何かでやるんですか。余興として。」
先生 「何を言っとる。選挙演説に決まっとる。」

助手 「何の選挙ですか?」
先生 「大統領選挙じゃ。日本人初の大統領じゃ。」
助手 「日本国籍じゃなれませんよ。」
先生 「なんと。それじゃ、高齢者初の大統領じゃ。」
助手 「高齢者は珍しくないです。」
先生 「それじゃ、ボケ老人初の大統領じゃ。」
助手 「そんなの、だれも投票しませんよ。」
先生 「ろなるどれーがんの後を継ぐ者はわししかおらん。
    どうじゃ、このキャッチフレーズは。」
助手 「はいはい、レーガンでもサッチャーでも後を継ぐのは結構ですけど。」

先生 「そこで、早速じゃが、補佐官の一番トップとして演説の原稿の
    ゴーストライターを頼んだぞ。」
助手 「やけにはっきり言いますね。では、補佐官として原稿には全部、
    振りがなをふっときますね。みぞうゆうとか。」
先生 「できれば、ひらがなにも振りがなをふっておいて欲しいくらいじゃ。」
助手 「何でですか?」
先生 「小林君の字はみみずが這ったような字じゃから、思わずペルシャ語で
    読んでしまいそうじゃからの。教養が邪魔をするというか。」
助手 「はいはい、振りがなの方を大きく書いときますね。」
先生 「肝心の匁とか尺とかもな。」
助手 「唐突に、それは何かのネタふりですか?」
先生 「じゃから、大工さんばかり集まるからのぉ。」
助手 「はいはい、もう読めてきました。大工さんがたくさん集まってその代表を
    決めるんですね。」
先生 「皆まで言わすな。恥ずかしいじゃろ。」
助手 「大工の棟梁なんで、大棟梁と。」

先生 「よし、それが分かったのなら早速飲みに行くぞ。」
助手 「また、この前みたいにぐでんぐでんに酔っぱらって、ゲロは吐くは、
    うんこは漏らすはなんて事は嫌ですよ。」
先生 「いや、しっかり介抱してもらわんとな。」
助手 「なんでお守りをしないといけないんですか?」
先生 「補佐官のトップとしての務めじゃ。」
助手 「なんでお酒の後始末までするんですか?」
先生 「そりゃ、酒席補佐官じゃからな。」


久しぶりに登場したわりに、やけにあっさりしていると思われた方がいる
かもしれませんが、草葉の陰から掘り起こした断片作ですので、ご容赦の程を。
もう、これ以上は眠っていないかも。
 

お正月の中高年の怠惰を諫める歌」

 投稿者:小林助手  投稿日:2008年 1月 8日(火)20時48分10秒
  「お正月をのんべんだらりと過ごした中高年の怠惰を諫める歌」
  (仮めんライダーの主題歌のふしで歌ってね)

迫る~老化~
記憶の分断
我らをねらうメタボ症
知能の低下を守るため
ゴーゴーレッツゴー
揺らめく自信

怠惰ーストップ
怠惰ーストップ

だめーだ怠惰ー
だめーだ怠惰ー
怠惰ー怠惰ー

        以上
        提供は油たっぷりスナックでおなじみのかるびーでした。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2008年 1月 1日(火)08時37分8秒
  あけおめことよろでちゅ~

 ○_○
(^◇^)~

今年は某所が25周年でちゅ~。
 

レンタル掲示板
/11